Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

フランス人をウンザリさせるべきか Arrêtez d'emmerder les français

Published on by Kayoko

フランス人をウンザリさせるべきか Arrêtez d'emmerder les français

有名な引用句に関する本が紹介された番組・2000年放送 / INA 昨日、マクロン大統領が放った言葉が物議を醸しています。その為、前日に続いて開かれた「ワクチン接種パス」に関する議会討論は又しても途中で中止となってしまいました。これはル・パリジャン紙読者によるインタヴューに答えた時の言葉です。「私は彼らをウンザリさせたい J'ai très envie de les emmerder 」、ここで問題になっているのは[ emmerder ]という言葉です。本来、この言葉は[糞 merde ]の動詞で、クソまみれにするという意味。困らせる、邪魔をする、イライラさせる等という時に親しい間柄で使われる表現です。マクロン大統領はワクチン反対派に我慢がならず、この表現を使ったと考えられています。...

Read more

新型コロナの最新対策 les nouveaux mesures Covid-19

Published on by Kayoko

新型コロナの最新対策 les nouveaux mesures Covid-19

© Joséphine Brueder / Ville de Paris 昨日の新規感染者も20万(21,9126)を超えました。昨日からフランスが欧州連合の議長国(6ヶ月間)となりましたが、新型コロナ感染者数もヨーロッパのリーダー(?)となってしまいました。 やっと昨日、新対策が発表され、明日1月3日から感染者及び濃厚接触者の隔離期間が短縮になります。感染者急増のフランスでは、このまま増え続けると医療従事者をはじめとする各分野での深刻な人手不足が懸念される為、1週間前から対策の見直しが求められていました。これまで、ワクチン接種済みの感染者にも10日間の自主隔離が義務付けられていましたが、抗原検査かPCR検査結果が陰性になれば、隔離期間は5日に減ります。また、ワクチン接種者で濃厚接触者となった場合に義務付けられていた7日間の自主隔離は必要なくなります。事実上、ワクチン接種が終わっていれば、濃厚接種者となってもテスト結果が陰性なら仕事を続けることができるわけです。...

Read more

感染者数が20,8099 に  nouveaux cas confirmés

Published on by Kayoko

感染者数が20,8099 に             nouveaux cas confirmés

© THIBAULT CAMUS / AP フランスで1日の新規感染者数が20万を超えました。毎秒2人以上が感染している計算です。その為、パリでは明日(31日金曜日)から「外でのマスク着用」が再び義務となります。例年、大晦日のバーやカフェは終夜営業のところが多いのですが、今年は午前2時で閉店しなければなりません。警視庁は9000人の警察官と兵士を動員してこれを徹底させると言っていますが、どうなるでしょうか。これまで、政府は様々な対策を打ち出すにもかかわらず、実行が伴わないのが現実です。学校での感染が多いことから「全員に定期的な検査を実施して予防に努める」と1年以上前から言っていますが、未だに実行されないのもそのひとつ。小学校、中学校で全員に抗原検査キットを配り、毎週「登校する前にテストをし陽性だったら自宅待機」とすれば、かなりの感染を抑えることができるはずです。...

Read more

農薬と政府不信 Scandale du chlordécone

Published on by Kayoko

農薬と政府不信 Scandale du chlordécone

© Joël Le Gall, Archive Ouest-France クロルデコン(chlordécone)に10年以上晒され、前立腺癌を発症した農業従事者が労災と認定されることが昨日告知されました。クロルデコンは1951年にアメリカで初めて合成され、1958年から製造された農薬です。1963年からネズミ実験で毒性が指摘されるようになり、人体への毒性及び土壌・水質汚染の深刻さが明らかになったことから、アメリカでは1976年に使用が禁止されました。ところがフランス海外県のグアドゥループやマルティニークではこの農薬使用が1972年から1993年までバナナ農園で許可されていました。20年以上経った今も全住民の90%が農薬に汚染されていると推定されます。...

Read more

変異株オミクロン Variant Omicron

Published on by Kayoko

変異株オミクロン Variant Omicron

南アフリカの毎日の新規患者数と変異株の変化を示す表。赤(B.1.1.529)がオミクロン。    © National Institute for Communicable Diseases (NICD) 11月24日に南アフリカで変異株オミクロンが報告されて以来、世界各国はパニック状態です。イギリスが南アとその周辺国からの入国禁止措置を取ったのを皮切りに、フランスは直ぐに南アからの旅客機乗り入れを停止しました。日本も水際対策の強化を打ち出し、ビジネスや留学生受け入れを緩和した矢先に外国人の入国を一切禁止しました。この先、いったいどうなるのでしょう...

Read more

気温が下がると大気汚染が上がるパリ Attention à la pollution

Published on by Kayoko

気温が下がると大気汚染が上がるパリ Attention à la pollution

今日のイール・ド・フランス。パリはPM2,5濃度が濃い赤(悪いの意)。 数日前から気温がめっきり下がり、晩秋らしくなりました。青空が広がり、寒くて無風の日は大気汚染の数値が上がります。つまり、数日前から粒子状物質 PM2.5の数値が高くなっているのです。昨日から、ニュースでは「なるべく車を使わないように」「仕事はリモートで」「野外活動や運動を控えましょう」と言っていますが、コロナ下のパリでは公害にまで気を配る人は殆どいないのが現状です。車の交通量はちっとも減っていません。PM2.5 が増える原因の一つに暖炉などの「暖房」があります。パリ市内では暖炉使用は禁止ですが、気温が下がると暖炉で薪を燃やす人も増えるのです。冬の暖炉の火は暖かく良いものですが、空気を汚してくれるので、現代生活には合いません。...

Read more

パリ市庁舎前の各国首脳 Portraits de 10 chefs

Published on by Kayoko

パリ市庁舎前の各国首脳 Portraits de 10 chefs

Portraits de 10 chefs de gouvernements sur le parvis de l'Hôtel de Ville 今日は「Journée mondiale d'action pour la justice climatique (気候変動対策のための世界行動日)」。今、グラスゴーで COP26 が開かれているのに合わせ、世界各地で市民団体の集会がありました。パリでは、市庁舎前広場に掲げられている五輪ロゴに「 Inactifs à la COP26, mourant.e.s.en...

Read more

ノートル・ダム広場の子供達の絵 Dessine-moi Notre Dame

Published on by Kayoko

ノートル・ダム広場の子供達の絵 Dessine-moi Notre Dame

昨日、ノートル・ダムの近くを通ったら、広場に愛らしい絵がたくさん並んでいました。展示は題して「私にノートル・ダムの絵を描いて Dessine-moi Notre Dame」。このタイトルを見て、サン・テグジュペリの星の王子さまの一節を思い出しました。「星の王子さま」の第2章に「僕にヒツジの絵を描いて Dessine-moi un mouton」と王子さまが僕に頼む場面があります。王子さまはヒツジを見たことがないのでこう頼むのです パリ大司教は勿論ノートル・ダムをよく知っているに違いありません。で...

Read more

COP26 始まる COP26 du 01/11 au 12/11

Published on by Kayoko

COP26 始まる COP26 du 01/11 au 12/11

© Scott Heppell / AP 今日から、 国連気候変動枠組条約( UNFCCC )」に基づき、 1995 年から毎年開催されている条約締約国会議 Conference of the Parties 、通称「 COP 」が 英スコットランド・グラスゴーで 始まりました 。去年はコロナ禍で延期となった為、今年は第26回目となります。1997年に京都で開かれた COP3は京都議定書、2015年のCOP21はパリ協定を生み、記憶に新しいですが、実際にはどんな成果が上がっているのでしょうか。 温室効果ガスを減らし、「気温上昇を産業革命以前のレベルより少なくとも2度以下に、できれば...

Read more

明日からパリは冬時間 Changement d'heure 2021

Published on by Kayoko

明日からパリは冬時間 Changement d'heure 2021

© François Grunberg / Ville de Paris 1976年に始まった夏時間は、2019年3月のヨーロッパ議会での「季節時間変更の終了 Mettre fin aux changements d’heure saisonniers」決定により、今年で終わりになる予定でした。そうです、冬時間に戻った時点で、時間変更は終わりになるはずでした。しかし、イギリスのEU離脱や新型コロナ流行というヨーロッパ生活の根本を揺るがす事態が起こり、全てが先行き不透明になりました。季節の時間変更...

Read more

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 20 30 > >>