Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

文明開化の子供たち Les enfants de l'ère Meiji

Published on by Kayoko

文明開化の子供たち Les enfants de l'ère Meiji

3月30日〜5月21日まで「Les enfants de l'ère Meiji 文明開化の子供たち」と題した展覧会がパリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)で開かれます。版画を中心とする約140点の貴重な作品や資料が並びました。近代化が進む19世紀後半の日本の風俗が子供たちと共に生き生きと描かれている版画の数々。教育の為に作られた万国旗や植物・動物の絵など珍しい版画も展示されています。また、フランス人画家ビゴーGeorges Fredinand...

Read more

緑の手! La Main Verte

Published on by Kayoko

緑の手! La Main Verte

フランス銀行(3月13日公表)によると、今年の物価上昇率は3,7〜4,4%となる見込みです。ウクライナ戦争が始まる前からエネルギー価格問題に直面していたフランスは、今回の戦争でこれが決定的となりました。原発先進国のフランスは、55%の天然ガスをロシアに頼っているドイツほどではありませんが、石油やガス開発をロシアで展開している企業トータル・エネルギーの進退に悩んでいます。ロシアへの経済制裁では天然ガスと石油の輸入を止めるのが最も効果的と言われていますが、この部分は未だに手が付けられていません。つい最近まで、ロシアに大きく依存しているエネルギー問題を誰も真剣に考えていなかったとは俄かに信じがたいことです。...

Read more

ストリート・アートとウクライナ Artistes soutiennent l'Ukraine

Published on by Kayoko

ストリート・アートとウクライナ Artistes soutiennent l'Ukraine

rue Buot, 75013 ウクライナ戦争が始まって以来、街角で見かけるタッグ(tag いたずら書き)には黄色と青色が目立つようになりました。近所の薬局の仮テントも黄色と青色です。ウクライナ国旗に使われるこの2色はウクライナ支援の象徴なのです。パリ13区のビュット・オー・カイユ(Butte aux Cailles)地区の細道には以前からタッグ、いつの頃からかストリート・アートと呼ばれるようになった作品が多く見られます。今月初めに登場したセトの絵は可愛い少女がウクライナ国旗を持って戦車を踏み潰しながら歩いています。...

Read more

ウクライナ戦争とパリ L'Ukraine et Paris

Published on by Kayoko

ウクライナ戦争とパリ L'Ukraine et Paris

Maria Ovsyannikova (*The Guardianのスクリーン・ショット) ロシアがウクライナ侵攻を開始して20日、戦火は増すばかりです。始まった当初、欧州連合はロシア非難で強い連帯を示しましたが、戦争が長引くに連れ、連帯感が薄れていくのが感じられます。毎週土曜日にレピュブリック広場で開かれるウクライナ支援集会も3日前は1000人くらいしか集まらず、オーガナイザーの「フランスの皆さん、支援を」という声が虚しく流れていました。ベルリンでの大規模集会と比べると雲泥の差です。「2020年までフランスはロシアに武器を売っていた」「トータル・エネルギー(フランスの最大エネルギー会社)がロシアから撤退しないのは犯罪」「ソシエテ・ジェネラル銀行(仏主要銀行)はロスバンク(露主要銀行)から資本を引き上げない」というニュースは仏政府の曖昧な態度を語る一部です。アソシエーション・レベルでは救援物資や難民受け入れなどの運動が広がっていますが、どうも国民レベルの関心は別のところにあるような気がしてなりません。ひとつには4月10日の大統領選挙があるようです。目下、現大統領が30%以上の支持を得て、他候補を大きく引き離しています。決選投票は2週間後の4月24日。現在のところ、5年前と同じく、世論調査で2位につけているマリーヌ・ル・ペン(極右)との一騎打ちになりそうです。2週間前に比べて、マクロン大統領の支持率が3%上がったのは戦争と引き離しては考えられません。...

Read more

ウクライナ料理 Plats ukrainiens

Published on by Kayoko

ウクライナ料理 Plats ukrainiens

昨日のレピュブリック広場 © Harald Gottschalk ロシア軍によるウクライナ武力行使は日毎に激しさを増しています。パリ市は、昨日から各区役所で救援物資受付を始めました。ウクライナ支援運動も大きくなり、昨日のレピュブリック広場の反戦集会は周辺の車の流れを止めるほど参加者が車道に溢れました。 最近、ソ連時代に何度も行ったモスクワの食事を思い出します。その当時は、宿泊先が指定されており、いつも同じホテル「ウクライナ・ホテル」に滞在したものです。ロシア通貨の持ち出しは禁止だったにも関わらず、スイスの空港ではいつでもルーブルが買え、その安いルーブルで美味しい食事をすることができました。その中で私が最も気に入っていたのは「ボルシチ」。牛肉、ビーツ、キャベツが入ったポタージュ風のウクライナ料理です。...

Read more

国連総会「ロシア非難決議採択」Résolutaion exigeant le retrait des forces russes

Published on by Kayoko

国連総会「ロシア非難決議採択」Résolutaion exigeant le retrait des forces russes

昨日の国連総会で「ウクライナからのロシア軍即時撤退」を盛り込んだロシア非難決議が賛成141ヵ国で採択されました。参加193ヵ国中、反対を投じたのはロシア、ベラルーシ、エリトリア、シリア、北朝鮮の5ヵ国で、中国やインド、パキスタン、イラン、イラクなどの35ヵ国は棄権しました。全く意思表示をしなかった国は12ヵ国ですが、これらの国はどうして沈黙したのでしょうか? 2014年にロシアがクリミア半島を併合した時の非難決議に100ヵ国が賛成、11ヵ国が反対、58ヵ国が棄権したことを考えると、今回は画期的な結果と言えます。但し、それぞれの国の立ち位置が明らかになった以外、法的拘束力は何もありません。いくら多くの国がロシアのウクライナ武力侵攻を非難しても戦争を止めることはできないのが現状です。...

Read more

戦争反対集会 Stop à la guerre

Published on by Kayoko

戦争反対集会 Stop à la guerre

A Place de la République 26/02/2022 フランス各地でウクライナ戦争反対集会が開かれ、レピュブリック広場には多くのパリジャンが集まりました。ウクライナ語とフランス語が交差する集会では「人殺し・プーチン Poutine assassin」「テロリスト・プーチン Poutine terroriste」の合唱が何度も響きました。「ウクライナに武器を des armes pour Ukraine」と書かれた大きな横断幕もありました。採決前から判っていたことですが、国連安保理の非難決議案はロシアの拒否権であっさり否決されました。その上、安保理メンバーである15カ国のうち、中国、インド、アラブ首長国連邦の3カ国は棄権し、ロシア寄りを鮮明にしたのです。武力行使を続けるロシアに対抗する手段は経済封鎖以外にないのでしょうか。...

Read more

ウクライナ戦争反対集会 Rassemblement contre la guerre en Ukuraine

Published on by Kayoko

ウクライナ戦争反対集会 Rassemblement contre la guerre en Ukuraine

左から、オリヴィエ・フォール、ラファエル・グリュックスマン、ヤニック・ジャド、クリスチャンヌ・トビラ 本日夕方、様々なアソシエーションの呼びかけで、ウクライナ戦争反対集会がレピュブリック広場で開かれました。大統領選挙が1ヶ月半後に迫るフランスでは、候補者が各地を駆け回っている毎日ですが、今朝のロシアによるウクライナ侵攻を受け、選挙運動を一時停止、右派も左派もロシア非難を発表しました。そして、広場に集まったエコロジストや社会党系の政治家は欧州連合とウクライナの国旗を掲げました。しかし、数ヶ月前から...

Read more

ウクライナ危機 Crise Ukrainienne

Published on by Kayoko

ウクライナ危機 Crise Ukrainienne

プーチン・マクロン会談 2月8日モスクワにて とうとうロシアがウクライナ爆撃を始めました。今年に入ってからアメリカが繰り返し、戦争勃発の可能性を示唆していましたが、イギリスを例外として、ヨーロッパ諸国は「そう言う事態にはない」との姿勢を示していました。2月8日にはマクロン大統領がモスクワでプーチンと会見、外交努力で紛争解決を確認。この時点では「ロシアがウクライナのNATO加入に難色を示している」のが問題であるとの認識で、マクロンは交渉がうまくいっているとの自信(真偽は謎ですが)を示し、20日にもプーチン大統領やバイデン大統領と個別に電話で話し、二人の対話機会をアレンジしたと発表しました。しかし、その数時間後にはプーチンがそれを時期尚早と否定し、その後の動きはニュースで流れている通りです。今になって、プーチンがウクライナ侵攻を決めたのは去年の10月で、今回の攻撃は計画をそのまま実行した結果であるとの見方が主流となり、外交的解決は最初から存在しなかった、、、...

Read more

ベストセラー本「墓掘り人」 Les Fossoyeurs

Published on by Kayoko

ベストセラー本「墓掘り人」 Les Fossoyeurs

Les fossoyeurs de Victor Castanet (Ed.Fayard) ル・モンド紙が1月26日発売のノンフィクション「Les Fossoyeurs 墓掘り人」に関する記事を載せたのは24日の事。以来、テレビや新聞はこの本が取り上げた「老人ホーム」の件で持ちきりです。コロナ禍や大統領選挙も霞むほどの社会現象になっています。筆者である若いジャーナリストは3年間の緻密な調査を通じて、250人以上の証言とそれを裏付ける証拠を集め、出版社の法律家やベテラン・ジャーナリストの編集協力を得て、出版に至りました。パリ郊外高級住宅地ニュイ・シュル・セーヌにある一見すると高級ホテルと見紛うような老人ホームの実情が書かれていて、入居者の惨めな生活が赤裸々に語られています。これまでも老人ホームの人手不足などによる不十分な介護が指摘されていましたが、具体的で虐待とも言える様子を描いたこの本は多くの人に衝撃を与えました。...

Read more

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 20 30 > >>