Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

ワラビとアマドコロ Fougères aigle et Sceaux de Salomon

Published on by Kayoko

ワラビとアマドコロ Fougères aigle et Sceaux de Salomon

La Forêt de Fontainebleau ワラビがパリ近郊で採集できるのをご存知ですか?今週から遠出できるようになったので、久し振りにフォンテーヌブローまで足を伸ばしました。森に入った途端にワラビが目に飛び込んできます。見れば辺り一面ワラビが生えているのです。採っても採ってもなくなりません。もう無限にあると言っても過言ではありません。採り過ぎても仕方ないので、途中で止めました。 この森には綺麗な苔も沢山生えているので、時々、苔を探しにやって来ます。そして今日は嬉しい出会いがありました。アマドコロが群生しているではありませんか。朝鮮の美味しいハーブティー(Solomon's...

Read more

予防接種! Vaccination contre la covid

Published on by Kayoko

予防接種! Vaccination contre la covid

au centre de vaccination (20ème arrondissement, Paris) 遂に予防接種を受けました。ファイザー・ビオンテック(PfizerBiontech)のワクチンです。12月末から始まったこの接種は、当初、高齢者と重い病気に罹っている人が対象でした。その上、インターネットのオフィシャル・サイトのみでの受付けだった為、接種申し込みは混乱を極めました。自治体によっては電話受付も出来るようになり、今では、辛抱強く頑張れば申し込みが可能です。すでに接種を受けた人は、昨日の時点で8百万人を越えました。イギリスの3千万人と比べれば足元にも及びませんが。...

Read more

白妙が満開!Le cerisier du jardin des Plantes

Published on by Kayoko

白妙が満開!Le cerisier du jardin des Plantes

散歩で通る度に眺めていた植物公園(Jardin des Plantes)の桜の木。この公園で最も人気の木がこのサトザクラ群「シロタエ(白妙)」です。5つ以上の蕾が開いたのが3月20日のこと。日を追うごとに暖かくなり、おまけに今日からサマー・タイム。サクラが満開になるわけですね。 この桜が植えられたのは1960年頃ですから、老木ではありませんが、枝を長く横に伸ばし、白い八重の花を溢れるように付けた姿は見応えがあります。 この近くにもう1本、大きな桜の木があります。こちらは同じサトザクラ群の「カンザン(関山)」で、まだ蕾が少し膨らんできたところです。カンザンはピンク色の八重桜、パリで最も多く見かけるような気がしますが、派手で目立つ所為かもしれません。1週間後が楽しみですね。...

Read more

シーダーローズの季節 Récolte des roses de cèdre

Published on by Kayoko

シーダーローズの季節 Récolte des roses de cèdre

roses de cèdres シーダーローズをご存知ですか?これはヒマラヤスギやレバノンスギの松ぼっくりの一部です。コロナの所為でレストランやカフェ、映画館、美術館など、私の外出先が軒並み閉鎖となり、いつの間にか、生活がすっかり変わってしまいました。そして日課となったのが、パリの中をひたすら歩くことです。身近に自然がこんなにもあるとは知りませんでした。銀杏拾いもその一つですが、クリスマスのデコレーションにと松ぼっくりを探し始めたら、至る所に転がっているではありませんか。あっと言う間に室内は松ぼっくりだらけとなり、その中にはお花のような松ぼっくりもありました。...

Read more

パリ銀杏スポット・ランキング Classement Ginkgo à Paris

Published on by Kayoko

パリ銀杏スポット・ランキング Classement Ginkgo à Paris

Au Jardin des Plantes / 25 novembre 2020 パリ市内には、 ヴァンセンヌとブーローニュの森を含み、 980本のイチョウの木がある。2区と9区を除き、全ての区に植えられている。但し、植物園とリュクサンブール公園はパリ市の管理下にない為、この数字には含まれない。最も多いのは13区で、総計352本に上る。また、そのうちの593本は街路樹である。 歴史的に見ると、フランスにイチョウが初めてもたらされたのは1778年、モンペリエの植物園に植えられた。そして、この木に初めて実が付いたのが1812年と記録されている。パリの植物園にある大きなイチョウは、このモンペリエの木から1795年に挿し木されたものだ。尚、イチョウのフランス名である「キャラント・エキュ...

Read more

今日からパリもグリーン・ゾーン Paris devient "vert"

Published on by Kayoko

今日からパリもグリーン・ゾーン Paris devient "vert"

パリが遂にグリーンになりました。それを受け、隔離解除第3ステージが始まる22日からと見られていたレストランは今日から営業できます。保育園、小中学校は来週22日からすべて再開です。これまでは希望者だけに限定して、少人数だけ受け入れていた学校が通常に戻るのです。また、ヨーロッパ内のフランス国境も今日から開きます。イギリスとスペインが国境をまだ閉めている為、この2カ国へは行くことができませんが、スペインは7月初めに開けるとしていた国境を今月22日に早めました。老人ホームの家族訪問も許可となり、平常生活に大きく一歩踏み出します。緊急事態宣言の解除は7月10日の予定ですが、もしかしたら、これも早まるかもしれません。...

Read more

カフェで生ビールを Un demi en terrasse !

Published on by Kayoko

カフェで生ビールを Un demi en terrasse !

une terrasse de café à Paris / 2 juin 2020 カフェが遂に開きました。フランス中のカフェやレストランが営業を再開しました。パリはまだウイルスが流行していると見られている為、店のテラスでのみの営業です。夏は、雨でも降らない限り、皆、テラスに陣取り、生ビールに舌鼓を打ちます。私も早速、隣人を誘って、カフェへ出かけました。この日を楽しみにしていたのは私たちだけではないようで、テラスはほぼ一杯。やっと手頃な席を見つけて、アン・ドゥミ(un demi :半分)を注文しました。...

Read more

今日から公園へ行ける Parcs & Jardins sont ouverts !

Published on by Kayoko

今日から公園へ行ける Parcs & Jardins sont ouverts !

© Jean-Baptiste Curliat / Ville de Paris パリ住人に朗報!今日から公園に行けます。詳しい情報はパリ市サイトに掲載されていますが、一部の子供遊び場と工事中の公園以外はすべて門を開けるそうです。公園では、マスク着用が推奨されていますが、公園内でのピクニックや運動も許可されているので、事実上、マスク着用は難しいかもしれません。また、レストランやバーがテラス(店外)でしか営業できないことを受けて、パリ市では9月30日まで無料で歩道部分の使用を許可します。これで、ホッとした店も多いのではないかと思いますが、雨が降る日もあるし、テントやテラス用の椅子・テーブル、消毒ジェルなどいろいろと余計な費用もかかりそう。お店やさんの苦労は尽きないですね。...

Read more

隔離解除第2弾 La 2ème phase du déconfinement

Published on by Kayoko

隔離解除第2弾 La 2ème phase du déconfinement

Point de vigilance © Ministère des Solidarités et de la Santé 来る6月2日からの解除プランが発表されました。ウイルス流行が下火になってきたことを踏まえ、一部の地域を除き、全土がグリーン・ゾーンになりました。基本的にすべての小・中学校が再開します。そして、レストランやカフェ、運動ジム、劇場、美術館、プールなどの営業許可が出ました。公園や海辺にも行けるようになります。これまで、自宅から100キロ以上離れた場所へは移動許可書を携帯しない限り、行くことができませんでした。これで、ブルターニュ出身の隣人はやっと家族に会いに行くことができます。...

Read more

ラウルト教授って誰? Qui est Pr. Raoult

Published on by Kayoko

ラウルト教授って誰? Qui est Pr. Raoult

今、フランスで最も有名なお医者さんはディディエ・ラウルト教授(Didier Raoult)、3月末の新型コロナ関連世論調査では、元厚生相バシュローに続いて、好感度2位となった感染症の専門家です。ラウルト教授はマルセイユにあるIHU(Institut Hospitalo-Universitaire 病院大学研究所)の所長で、抗マラリア剤として開発されたヒドロキシクロロキン hydroxychloroquine を新型コロナ患者の治療に使い、成果を上げた(?)ことからその名を知られるようになりました。...

Read more