繊細ディナーの一夜 Neige d'été

Published on by Kayoko

oeuf cochon asperge petit pois..Hisashi Shimizu
oeuf cochon asperge petit pois..Hisashi Shimizu

昨夜は素晴らしいレストランで繊細なディナーに舌鼓を打ちました。パリ15区の住宅地に静かに佇むお店です。白が基調の洗練された店内で働くのはすべて日本人スタッフ、シェフの西さんはル・サンク(Le Cinq)でシェフ・ド・パルティ(魚部門シェフ)として活躍なさっていましたが、去年8月にご自分の店「ネージュ・デテ」(Neige d'été)を開かれたそうです。

メニューはその日の仕入れによって変わる「シェフお任せ」コースです。前菜のポークの美味しかったこと!すべてのお料理が素晴らしかったのですが、特に36時間低温で火を通し、備長炭でローストしたお肉(子豚ちゃん、ごめんなさい!)は柔らかく、脂肪分が理想的に全体にまわり、シットリ・ネットリした口当たりが絶妙でした。そのポークがグリンピース風味の温泉卵と並び、アスパラとグリーンの豆類がそれを引き立てています。お店に失礼かもしれないと思いつつも、この味を記録したいと写真を撮ってしまいました。

Published on Food

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post