アラゴー大通りのマロニエの木 Marronniers de Boulevard Arago

Published on by Kayoko

Boulevard Arago
Boulevard Arago

アラゴー大通りは、19世紀のオスマン知事によるパリ改造時に作られた通りです。長さは1355メートル、道幅は40メートルあり、交通量はいつも少なめです。その中程にはパリで唯一の刑務所「サンテ」もあります。この通りは散歩に快適で、特にこの時期はマロニエの花が咲いて気持ちがウキウキします。長い通りの両側にマロニエの木が2列ずつ植えられ、きれいな並木道となっているのです。パリ市広報課によると、市内には10万本の木が並木道を作っているそうです。また、ヴァンセンヌとブーローニュの森を含むパリには60本の「見事な木」(arbres remarquables)に認定された木がありますが、そのうちの1本で18メートルの高さのマロニエの木が近くの公園(Square René Le Gall)にあるそうなので、今日の午後にでも行ってみようかと思っています。

ところで、我が家の山椒の木に可愛い花が咲きました。雄木の方が満開で、雌木はまだ蕾だけです。隣同士に一緒に並んでいるのにこの違いはどうしてなのでしょうね。まぁマロニエの並木も同じで、木によってはまだ蕾状態ですが。

Aesculus hippocastanum : marronnier / horse-chestnut

Aesculus hippocastanum : marronnier / horse-chestnut

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post