パリの日本酒試飲会  Dégustation du Saké

Published on by Kayoko

Saké "Ryusei"
Saké "Ryusei"

オペラ地区は昔から日本関係のオフィスや店が集まり、パリの日本人街とも言われています。特にラーメン屋やうどん屋の激戦区です。その地区にある某会場で昨日、日本酒の試飲会がありました。まだフランスに輸入されていない貴重なお酒も含め、32種類が並び、そのうちの3分の1は広島産でした。漠然と、新潟県のような「お米の産地でお酒造りが盛ん」と考えていたので、どうして広島県がと意外に思いましたが、この地方では「雄町」という優秀な酒米が栽培されているそうで、「吟醸酒」を最初に造ったのも広島県と説明され、納得したのでした。

さて、試飲会では、ワイングラスが渡され、そこに番号を付けた日本酒が注がれます。空気を含ませる為にグラスを軽く回して芳香を立て、味わい、余分はバケツに捨てます。ワインのテイスティングと同じです。とても美味な幻のお酒を捨てるのは忍びないのですが、全部飲み干していると酔いでそのうち味がわからなくなるので、私も泣く泣く捨てつつ、試飲をした次第です。フランスで飲める日本酒の種類は確実に増えています。会場にはフランス人の日本酒エキスパート「サケ・サムライ」の称号を持つシルヴァン・ユエ(Sylvain Huet)さんもいらしていました。日本酒大好きの彼は最近、日本の200軒の酒造を廻ったそうです。10月末にはパリで「サロン・デュ・サケ Salon du Saké 2015」 が開かれますが、これはユエさんの企画です。

Producteur du Saké (Fujii Shuzo / Hiroshima)

Producteur du Saké (Fujii Shuzo / Hiroshima)

Sylvain Huet (Saké Samurai)

Sylvain Huet (Saké Samurai)

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post