マレ地区の《ファラフェル》に行列 Falafel

Published on by Kayoko

Restaurant for Falafel
Restaurant for Falafel

パリのマレ地区には、17世紀初頭から貴族の館が多く建てられました。それらの建物は今も博物館や図書館として利用され、当時の面影を残しています。ピカソ美術館やカルナヴァレ美術館、国立中央文書館など、嘗ての貴族館を挙げたら切りがありません。またマレ地区はモードのクリエーターが集まっている地区でもあります。流行発信地として、おしゃれな店やギャラリーが並んでいるのです。

マレ地区のもう一つの顔は19世紀にできたユダヤ街で、その中心がロジエ通り(Rue des Rosiers)。ロジエ通りにはユダヤ系の料理店が集まっている為、この地区に行くとファラフェル(Falafel)を食べたくなります。これはエジプト豆粉かソラ豆粉で作った揚げ団子のことで、中近東では非常にポピュラーな食べ物。中でも「アス・デ・ファラフェル As des Fallafels」ファラフェルのエースと言う名前の店の前はいつも観光客でいっぱいです。ファラフェル入りの6ユーロのサンドイッチを買う為に行列しているのです。向かいにも同じサンドイッチを売る店があるにもかかわらず、何故かこちらには誰も並びません。私は両方の店のファラフェルを食べたことがありますが、どちらも全く同じで、違いはわかりませんでした。どうせ買うなら「行列ができている店の方が美味しいはず」という心理の結果でしょうか。

Falafel

Falafel

Rue des Rosiers in Paris

Rue des Rosiers in Paris

Published on Food

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post