絵画のキャバリア・キング・チャールズ Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgique

Published on by Kayoko

絵画のキャバリア・キング・チャールズ Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgique

ニュルンベルクで予期せずクラナッハ展に出会って以来、機会ある毎に美術館へ足を運んでいますが、今回はブリュッセルのベルギー王立美術館(Musée Royaux des Beaux-Arts de Belgique)へ行きました。ここにもクラナッハが6点あるからです。そのうちの1枚が「ヴィーナスとキューピッド」で、粋でおしゃれなヴィーナスがそこにいました。流石ベルギーを代表する美術館だけあって、ルーベンス(Rubens)の壮大な作品が並ぶ大きな部屋やブリューゲル(Brueghel)の作品がたくさんあり、しばし時間の経つのを忘れました。

「昔の絵には犬がよく描かれているなぁ」などと、どうでも良いことを思いながら進んでいくと、或る絵の前で足が止まりました。それは17世紀のオランダの画家バルトロメウス・ファン・デル・ヘルスト(Bartholomeus Van Der Helst)が1658年に描いたカタリナ・オプシ(Catharina Opsy)の肖像画でした。彼女はアムステルダム市長まで務めたコルネリス・ウィッセン(Cornelis Witsen)の妻で、コルネリスは画家のパトロンとして有名だった人物です。そして、ファン・デル・ヘルストも彼の庇護の元で活躍していました。さて、どうしてこの絵に釘付けになったのかと言うと、ウィッセン夫人に甘える犬がうちの愛犬に似ていたからです。絵に描かれている犬の毛並みがうちのキャバリア・キング・チャールズとそっくりなのです。エドアール・マネもこの犬を描いていますが、それよりずっと昔、17世紀にすでに絵画に登場していたのですね。

Royal Museums of Fine Arts of Belgium

Royal Museums of Fine Arts of Belgium

Portrait of Catharina Opsy by Bartholomeus Van Der Helst

Portrait of Catharina Opsy by Bartholomeus Van Der Helst

Venus and Cupid by Lucas Cranach

Venus and Cupid by Lucas Cranach

Published on My dog

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post