ペホカボチャとクリカボチャ  Coloquintes & Potimarron

Published on by Kayoko

Cucurbita fruits
Cucurbita fruits

いつの間にかすっかり秋になりました。平均気温は15度を越えず、テラスの植物の水やりを最後にしたのがいつだったか思い出せないほど、毎日雨が降ってくれます。雨降りは決して嫌いではありませんが、愛犬の散歩時だけは晴れて欲しいなぁ。この季節、八百屋さんやお花屋さんの店先には「コロカント coloquinte」が並びます。コロカントとは言え、薬用の「コロシントウリ Citrullus colocynthis」とは異なります。どちらかと言うと日本では「ペポカボチャ」と呼ばれるカボチャやズッキーニに似ています。色とりどりで綺麗なので、テーブルに飾ったり、暖炉の上に色づいた落ち葉と一緒に置くと秋らしい雰囲気になります。

そして、この季節によく作るのが「カボチャのポタージュ」です。可愛いクリカボチャ(Potimarron / Cucurbita maxima)を買って数日は暖炉の上に置き、鑑賞し、見飽きた頃にポタージュにします。私はこれを作る時、ニンジンとベーコンとブイヨンも加えます。すべてが柔らかくなるまで鍋で煮て、後はミキサーにかけ、塩・コショーで味を整え、最後に生クリームとパセリを加えれば出来上がり。装飾にもなり、お腹もいっぱいになるクリカボチャはパリの秋に欠かせません。

蛇足ですが、このクリカボチャの原産はメキシコで、ポルトガル人が日本へ持ち込んで普及し、それが日本人によってヨーロッパに伝えられたのは1957年のことだそうです。当時は「北海道カボチャ」と呼ばれていたと辞書にありました。

Red Kuri Pumpkin Soup

Red Kuri Pumpkin Soup

Published on Food

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post