ぶどう収穫の開始   Vendange 2015

Published on by Kayoko

Le Mesnil sur Oger dans La Côte des Blnacs
Le Mesnil sur Oger dans La Côte des Blnacs

ぶどうの収穫が始まりました。ぶどうが熟すのを待って収穫するので、各地方、各地区で期間は異なります。今年は例外的な酷暑で水不足に悩まされた夏、水はけの良い土壌を好むぶどうの木もここまでの乾燥には困ったようです。幸いにも8月末にたくさん雨が降り、62県(本土内には全96県)にまで及んだ取水制限は解除されました。イベントには欠かせないフランス人が大好きなシャンパーニュにとって今年は当たり年になるのでしょうか。

1760年創業、5番目に古いシャンパーニュの老舗はシャンパーニュ・ドゥラモット(Champagne Delamotte)。エペルネー(Epernay)の南に広がるコート・デ・ブラン(La Côte des Blancs)にあります。その名が示すようにこの地区で生産されるのはほとんどが白ワイン原料となる「シャルドネ種 Chardonnay」で、100%シャルドネで作られたシャンパーニュは「白の中の白 Blanc de Blancs」と呼ばれます。ドゥラモットの自慢のボトルも「白の中の白」で、優しい芳香に誘われ、つい飲み過ぎそうです。今年のシャルドネは粒が少し小さいそうですが、理想的に熟したとのこと。収穫はまだ始まったばかりなので、どんなシャンパーニュになるかは知る人ぞ知るの世界です。 手摘みで丁寧にぶどうを収穫してから、ラベルが貼られて出荷されるまでに少なくとも3年かかるのがシャンパーニュ。値が張るのもわかるような気がします。

Champagne Delamotte "Collection 1999" Blanc de Blancs

Champagne Delamotte "Collection 1999" Blanc de Blancs

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post