オルセーのアンリ・ルソー展 Le douanier Rousseau. L’innocence archaïque

Published on by Kayoko

Henri Rousseau at Musée d'Orsay
Henri Rousseau at Musée d'Orsay

1ヶ月前から始まったルソー展に行ってきました。ニューヨークの近代美術館所蔵の大作「夢 Le Rêve」はこういう機会がないと見る事ができません。今回のオルセーでの展覧会は「古風な無邪気さ」と題して、影響を受けた作品やルソーが参考にしたカタログ(l’Album des bêtes sauvages)等も同時に展示されています。ルソーの作風を多角的に見ようとの意図です。ピカソはルソーの絵を気に入っていたそうで、ピカソがルソーの作品を掲げる写真や彼が描いた子供の絵「人形を抱くマヤ Maya à la poupée 」が印象に残っています。ルソーが描いた子供(L’enfant à la poupée)とピカソのそれ(Maya à la poupée)が並んで展示されているのを見て「ピカソの方がいいわね」という感想が聞こえてきました。確かにルソーの子供は子供らしくなく、そこがルソーたる所以でもあるわけですが。

今週は学校が休みということもあり、家族連れが目立ちます。「蛇使いの女 La Charmeuse de serpents」は傑作です。是非、この機会にゆっくり鑑賞なさってください。7月17日まで開かれています。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post