雨のフランス Les genoux de Zouave dans l'eau

Published on by Kayoko

Le zouave sur le Pont d'Alma
Le zouave sur le Pont d'Alma

アルマ橋(Pont d'Alma)の橋桁にズアーヴ像(Zouave)があります。ズアーヴとは北アフリカで編成されたフランス歩兵のことで、第3ズアーヴ部隊はクリミア戦争にも参加、アルマ戦線で活躍しました。19世紀に作られたこのズアーヴ像は高さ5m20、重さは8トンです。

さて、このズアーヴ像が毎日メディアに登場します。それはこの像がセーヌ川の水位を計るひとつの目安になっているからです。パリが歴史的洪水となった1910年にはズアーヴ像の肩が水に浸かったそうですが、今のところ水は膝の上。まだ水位が上がると予想されるも、肩までは来ないと言われています。

1週間前から降り出した記録的な雨の為、セーヌ川の水嵩が増し、遊覧船を含む船の航行は昨日からすべて中止になりました。セーヌに流れ込むロワン川やロワールの支流シェール川の水位がどんどん高くなり、床上浸水で停電となった住宅も2万世帯以上、高速道路の一部も浸水で不通になる始末です。

シェール川の水位はこの24時間で2メートルも上がったそうで、先程その近くのヴィランドリー村住民を非難させたというニュースが入ってきました。ということは、周辺の多くの道路も交通止めである可能性が強く、私は明日このヴィランドリーにあるお城(Chateau de Villandry)へ行く予定なのですが、果して行き着くことができるのか気になるところです。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post