排ガス対策のステッカー Les vignettes Crit’air

Published on by Kayoko

今日のパリは寒波で冷え込みましたが、晴天で青空が広がり、大気汚染警報が出ました。その原因のひとつが車の排気ガス。パリ市は公害対策として車の種類と製造年に応じてステッカー(vignette Crit’air)を発行します。このステッカーは汚染度によって6種類に色分けされています。例えば、電気自動車はグリーンで、古いディーゼル車はブラックという具合に。貼られたステッカーの種類によっては様々な制限が生まれるわけです。すでに7月から1997年1月以前製造の車の走行が制限されているパリですが、このステッカーを貼ることにより、厳しく取り締まりが行われるようになります、というか、なるかもしれません。来年1月15日までにステッカーをフロントガラスに貼っておかないと、68ユーロの罰金が科せられることになりますので要注意。

私はまだステッカーを貼っていないので、本日インターネットで発注しました。ステッカー購入の為の専用サイトhttps://www.certificat-air.gouv.fr/が用意されていますので、そのページにアクセスしてお申し込みを。料金は送料込みで4,18ユーロです。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post