もうすぐ消えるポリ袋 Interdiction des sacs plastiques

Published on by Kayoko

もうすぐ消えるポリ袋 Interdiction des sacs plastiques

2017年1月1日からプラスティックの袋が消えます。つまり明日からです。今年の7月からすでにレジでは配られなくなっていた袋ですが、スーパーや市場で野菜や果物を入れる「あの薄い」袋も禁止になります。唯一植物性の袋のみが使うことを認められます。かなり前から自然食品店では紙袋が使われていますが、これがすべての店で適用されることになるわけです。

私の幼い頃は、乾物屋さんやお肉屋さんが竹の皮や新聞紙に品物を包んでくれました。それがいつの頃からかポリ袋にとって代わられ、清潔で便利で近代化の象徴のようなこの袋が急激に増えていったのです。そして今では増え過ぎたポリ袋の処理に頭を抱える事態に陥ってしまいました。なぜならポリ袋は自然分解しません。土には戻らないのです。自然界に捨てられたポリ袋やペットボトルが地球に溢れ、深刻な公害をもたらしています。2020年からは使い捨てのプラスチック容器も禁止になります。

消費文化にすっかり慣れきってしまった私達ですが、外出時には布袋とお弁当箱をバッグに入れて出かけましょう。どうしてお弁当箱かですって?これは食べ残しを入れて持ち帰る為です。フランスではドギーバッグが推奨されていますので。

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post