坂倉準三展がパリで始まる Junzô Sakakura : une architecture pour l'homme

Published on by Kayoko

坂倉準三展がパリで始まる Junzô Sakakura : une architecture pour l'homme

明日から坂倉準三展(Junzô Sakakura)がパリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)で始まります。阪倉は戦前にパリ万博(1937年)の日本館設計で一躍有名になり、戦後も東急文化会館や日仏学院など多くの主要な建築を手がけましたが、1930年代にル・コルビュジエ(Le Corbusier)に師事し、パリに暮らしたことは案外知られていません。

コルビュの家具担当として活躍したシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)は自伝(Une vie de création)の中で折に触れ、阪倉の思い出を生き生きと語っています。当時セーヴル通りにあったコルビュのアトリエには世界中から若い建築家が集まりましたが、その中に阪倉や前川國男がいました。4日間寝ずに働き続けることも多く、限界まで仕事をした後は皆でスキーに出かけ、子供のように遊びました。 阪倉は初めて氷河を見て目を輝かせたそうです。ペリアンは1940年に日本の商工省の招聘で日本へ行き、各地を廻りますが、これは阪倉の尽力があったからです。そして案内役は民藝運動の柳宗悦の息子宗理(Sori)でした。

デザイナーとして名を成したペリアンが「日本の民藝」に深い造詣を得たのは阪倉準三と柳宗理との出会いがあったからです。この展覧会は日仏文化交流の草分けとも言える阪倉の足跡をパリで辿る良い機会です。

Charlotte Perriand et Junzô Sakakura © Sakakura Associates architects and engineers

Charlotte Perriand et Junzô Sakakura © Sakakura Associates architects and engineers

Pavillon du Japon, Exposition internationale de Paris de 1937 © Agence nationale japonaise des affaires culturelles

Pavillon du Japon, Exposition internationale de Paris de 1937 © Agence nationale japonaise des affaires culturelles

Sakakura et Le Corbusier à la Villa Katsura, Kyoto ©Agence nationale japonaise des affaires culturelles

Sakakura et Le Corbusier à la Villa Katsura, Kyoto ©Agence nationale japonaise des affaires culturelles

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post