粉ミルク汚染問題 Lactalis

Published on by Kayoko

ラクタリス社造の乳用粉ミルクがサルモネラ菌に染されていた問題はフランス国内のみならず、世界模でがっています。

最初に汚染が懸念されたのは去年の8月のことですが、ラクタリス社も生管理公的機関造工には問題がないとして、汚染を防ぐ努力をしませんでした。20人の被害者を出し、染が疑われる粉ミルクの回命令が出たのは12月2日のことです。

リステリア菌などの染が疑われるチズなどが回されることは定期的にあるので、当初、関係者が回に真に取りまなかったことが問題を大きくしました。この品をっていた大手スのほとんどがこの粉ミルクをけていたのです。現時点で確認された被害者数は37人、回収対象になった粉ミルクは染の可能性を指摘されるロットだけでなく全粉ミルクである、83ヵ国、12百万に及ぶことになりました。

これまでラクタリス社の名前を知っていた人は余程の乳品通、ネスレやダノンにく世界第3位の乳品大手と言われてもいたこともない会社でした。そこで、ブランド名で調べてみると、日目にする乳品の多くはこの会社の下にあることがわかりました。ちなみに私の冷にもふたつ入っていました。

者にとって怖いのは、これほどの大企しては公的機関監査機能がしっかりかないこと。2005年にサルモネラ菌染が同じ工で起きていますが、「今回つかった菌は2005年の菌と非常によく似ている」とはパスツル研究所のバクテリア家の意です。となると、12年前の菌が完全には殺菌されていなかったことになり、、、全粉ミルク回にも不安が残ってしまいます。

 

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post

7ntpi82lgf 12/16/2019 07:47

The English moved on and replaced the term with “full stop”.