ステファーヌ・オードラン逝去 Disparition de Stéphane Audran

Published on by Kayoko

Stéphane Audran in Le Charme Discret de la Bourgeoisie

Stéphane Audran in Le Charme Discret de la Bourgeoisie

ステファドランが一昨日亡くなりました。享年85でした。私の若いはヌヴェル・ヴァグ全盛代、お洒落で怠く、起承転結無視したよなフランス映画に惹かれたものでした。その中でも烈な性でフランス女を代表していたのがオドラン。射くよな薄いの目と赤毛の彼女は、そこにいるだけで頽廃的な香りを醸していました。そう、彼女は最高にステキでした!

彼女を最初にたのはブニュエル  Buñuel の「ブルジョワジの秘かな愉しみ Le charme discret de la bourgeoisie 」で、オドランの存在感に倒されたのを思い出します。この映画は1973年にアカデミー賞外国映画を取りました。1988年にもオドランが主演したデンマク映画「バベットの餐会 Le festin de Babette」が同じを取っています。2回もアカデミー賞受賞映画に主演したフランス女は彼女だけではないでしょか。

しかし、彼女を有名にしたのは何と言ってもヌヴェル・ヴァグの巨匠のひとりクロシャブロClaude Chabrol です。彼の作「肉屋 Le boucher」はオドランがいなかったら、ただの B 映画にわっていたかもしれません。シャブロルは8年前に他界しました。オドランも亡くなった今、ヌヴェル・ヴァグが去のものになりつつあります。一抹の寂しさを感ぜずにはいられません。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post