フランス環境大臣の辞任 Démission de Nicolas Hulot

Published on by Kayoko

Nicolas Hulot au micro de France Inter © Radio France / Capture d'écran

Nicolas Hulot au micro de France Inter © Radio France / Capture d'écran

今週火曜日、境大臣ニコラユロ (Nicolas Hulot) がラジオのインタビュで辞任を表明しました。政府で最も人気の高い大臣の辞任とあって、トップニュス扱いです。彼は政治の世界に入る前、約24年間いた大自然をテマとした人組「ウシュアイア Ushuaïa のプロデューサー兼レポーターで、前政では問題の大統領顧問でした。新政の元でどこまでエコロジ献できるか疑問視されていましたが、やはりロビイストに屈した果となり「これ以上、自分に嘘はつけない」と匙を投げてしまいました。

大臣になって以来、理想と現実の狭でずっとんでいた彼ですが、め手となったのは前日の狩するエリゼでの会合でした。ここで、マクロン大統領は狩猟協会会長を前に、年々しくなっていた狩制の和を束したのです。曰く、狩猟権料を半にする、狩大する、大統領の狩活する、、、他のヨロッパ国では14しか狩猟がめられていない鳥類も、フランスでは64に上り、その中には20にある鳥類も含まれるのです。明らかにロビイスト主導としか思えない会合に出席させられた境大臣念な持ちは痛いよに分かります。

メディアの寵児だった頃は政治の世界でも力を発揮できると考えたかもしれませんが、環境問題に重きを置かない現大統領の前では何もできず、敢えなく撤退となりました。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post