フランスの伊藤若冲展 Jakuchu à Paris

Published on by Kayoko

群鶏図  Coqs, 1761-1765

群鶏図 Coqs, 1761-1765

 近年、江戸中期に京都で活躍した画家伊藤若冲の研究が進み、2年前の生誕300年企画展では東京都美術館に長蛇の列ができました。3時間待ちも珍しくなかったそうです。その若冲の展覧会がパリのプチパレ Petit Palais で明日から1ヶ月間開かれます。

会場への廊下 Passage vers l'entrée

 今回の展覧会では、長い間皇室コレクションの中に保存されていた「動植綵絵」 30点と「釈迦三尊像」が展示されます。画家自身が相国寺に寄進したこれらの作品は元々共に飾られていて、1889年に相国寺から皇室に献上されました。釈迦三尊像を荘厳するために描かれた花鳥図の大作です。大胆な構図の中に一寸の隙もない研ぎ澄まされた美に圧倒されます。

雪中鴛鴦図 Canards mandarines dans la neige, 1759

ヨーロッパでは初めての若冲展、3時間待ちをしなくても見られそうなのは嬉しいことです。フランスを公式訪問中の皇太子さまは昨日会場を廻られたとニュースになっていました。特に群鶏図雪中鴛鴦図は必見です。

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post

まつもと 10/13/2018 12:24

ご無ぅ沙汰しております!
テレ朝の編集担当だった松本です!
2時間程前、恵比寿の村上氏の店先で志水君と偶然遭遇しました。
短い再会でしたが森田さんのブログの事も聞き遊びにきました。
お元気そうでなによりです。
私は4年程前テレ朝の仕事から離れてのんびり仕事してます。
志水君は今夜の便でフランスに戻るそうです。