議会が「売薬」修正案を否決 L'Assemblée rejette la possibilité...

Published on by Kayoko

Pharmacie à Paris ©Joël SAGET/AFP

Pharmacie à Paris ©Joël SAGET/AFP

26日の議会で、フランス医療改革法案に盛り込まれていた「売薬」修正案が否決されました。この修正案は「ある種の薬に関して医師の処方箋なしでも薬剤師が薬を出せる」という画期的なものでした。社会問題委員会で承認されていたこの修正案は「尿道炎」「結膜炎」「湿疹」などの一部の急性疾患が対象でした。女性なら一度は経験のある「尿道炎」。命に別条はないけれども、一刻も早く解決したい病気です。

私も最近経験しました。数日前から何となく予兆はありましたが、水をたくさん飲めば治るかもと思いながら過ごし、やがて夜がやってきました。そして夜中を過ぎた頃、トイレに行ったら強い不快感と残尿感。あぁ、やっぱり尿道炎になってしまったと思いました。でもすぐに医者に行ける時間ではありません。大量の水を飲んで、朝が来たら医者に行こうと寝直しましたが、眠れません。明け方4時頃、トイレに行ったら血尿ではありませんか。もう迷っている時間はなく「SOSドクター」に電話をしました。すぐにドクターが駆けつけ、抗生物質を飲んで一件落着。尿道炎は抗生物質を1錠飲んだだけで楽になります。昔は1週間の抗生薬処方が主流でしたが、最近は1日1回3日間服用(キノロン系抗菌薬)が基本で、1回のみの治療薬も出ているようです。

国民側に立った素晴らしい法案だと期待していたのですが、 医師会の猛反対で夢と終わりました。庶民感覚を考慮せず、強権を推し進める現政権も捨てたものではないと思っていた矢先です。絶対多数の与党の修正案が否決に合うとはどうしてなのでしょう。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post