プラチュアップへの旅 Voyage à Prachuap

Published on by Kayoko

アオ・ノイの夕日

アオ・ノイの夕日

タイの首都バンコクから南へ約290キロ、マレー半島北部にあるプラチュアップ・キリ・カーン(Prachuap Khiri Khan)は同名の県の中心地でもあります。人口3万人弱のこの町には歴史公園を含む広大な空軍基地があり、美しい景観、海の幸に溢れています。バンコクやパタヤの喧騒とは程遠く、静かな佇まいの田舎なのです。道にはチリひとつ落ちていません。そんな天国に限りなく近いプラチュアップで1年の半分を過ごす友人を訪ねてきました。

プラチュアップ湾で水揚げされる様々な海の幸、イカやエビ、貝が海岸沿いに並ぶレストランでいつでも味わえます。

近くの朝市には新鮮な魚と共に様々な乾物が山積み、否が応にもショッピング熱が上がってしまうのには困りました。

週末には夕方からウォーキング・ストリート・マーケットが立ち、食べ物から古着まで何でも売っています。食いしん坊には堪らない最高の場所でした。

プラチュアップでは、準絶滅危惧種に指定されている尾長猿ダスキールトン(シロマブタザル)をあちらこちらで見かけます。

湾を見下ろす絶景のお寺への山道にもお猿さんがたくさんいるそうですが、こちらは体力が要りそうなので今回は遠慮しました。

Published on Trip

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post