老人ホームと新型コロナ Coronavirus en EHPAD

Published on by Kayoko

© Maison d'accueil Saint-Julien-de-Vouvantes

© Maison d'accueil Saint-Julien-de-Vouvantes

4月2日から初めて老人ホームEHPADでの死亡者数が発表されるようになりました。高齢者の死亡率が高いことは新型コロナ感染拡大が始まった当初から指摘されていたことですが、政府が調査を開始したのは3月28日のことです。

一般の隔離が開始される3月17日前に、老人ホームは一足先に面会自粛となり、1週間前からはホーム内の個室で住人たちは隔離状態となっていました。ホームで感染の疑いが出た場合、最初のふたりを検査し、陽性だった場合はホーム全体で感染していると見なされ、他の住人の検査は行われませんでした。全員がホームで隔離され、入院することもありませんでした。こうして、ホームでの死亡者数が激増していきました。

昨日の時点で、ホームでの死亡者総数は2417人です。この数字は各ホームが保健省の調査に答えた数字の統計で、死亡前も後もウイルス検査は行われていない為、正確な数字は永久にわかりません。これはあくまでも推計です。

人生の最期を家族にも看取られず、十分な治療も受けられずに亡くなっていった人たちがいかに多いことか。政府は昨日、ようやく老人ホームで感染者が出た場合、全員の検査をすることを発表しました。

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post