隔離25日目 Le 25ème jour

Published on by Kayoko

Nounours des Gobelins

Nounours des Gobelins

隔離が始まった当初、休業してしまったお菓子屋さんやレストランが「テイク・アウト」でポツポツと復活してきました。

近所に高級パティスリー「カール・マルレッティ Carl Marletti」があり、久々に店が開いていたので、思わず飛び込みました。ケーキは通常の3分の一ほどしかありませんでしたが、シェフ自らがニッコリ笑ってケーキを渡してくれたので大喜び。いつもは背広をビシっと着込んだ店員さんに無表情に渡されるのですけどね。

もう一軒のパティスリー「カワカミ Kawakami」も今週から店を開けて、ケーキ付きランチのテイク・アウトを始めました。こちらは日本人のトモコさんがひとりで奮闘しています。今のところ、週4回(水〜土)です。年末の大規模ストライキがやっと終わったと思いきや、今度は新型コロナ感染拡大で、個人商店は青息吐息。希望的観測では、今月末には隔離解除になる可能性があるのですが、それまで何とか持ちこたえてほしいですね。

そんな中で、年中無休の近所の新聞雑誌屋さんは隔離生活何のその、大きなクマのぬいぐるみを店の前に並べ、今日もストレスが溜まり始めた私たちを和ませてくれます。2018年秋にお目見えしたクマは新聞屋さんのペットでしたが、いつの間にかこの地区のアイドルとして多くの店に住み着いてしまいました。

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post