歯医者さんも閉まった! Le cabinet dentaire fermé

Published on by Kayoko

© Henri Garat / Ville de Paris

© Henri Garat / Ville de Paris

歯のトラブルは時を問いません。隔離時にも起きます。数日前、僅かの楽しみの一つである食事中にそれは起きました。あら、何か硬いものが、、、と思ったら、それは金属の塊でした。そうです、奥歯を覆っていたインレーが取れた瞬間でした。翌日、いつもの歯医者さんに電話したら、留守電が回っていて、メールを送るように言っています。仕方なく、症状を書いてメールしたら、その日のうちに返事が来ました。曰く、歯科緊急コールセンターがあるので、その番号(全国共通:09 705 00 205)に連絡するようにと書いてあります。然し乍ら「あなたの場合は緊急治療が必要とは判断されない可能性が大ですので、隔離解除を待ってはいかがですか」と結ばれていました。う〜ん、詰め物が外れたくらいでは相手にされないことがよく分かりました。そうですよね、戦争中に歯の治療を受けようなんて思うほうが間違いでした。でも、、、新型コロナ以外の深刻な健康上の問題を抱えた人たちもたくさんいて、この人たちへの対応の質が落ちていないかがとても心配です。

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post