隔離最終日 J-1, déconfinement

Published on by Kayoko

© Ludovic Marin / AFP

© Ludovic Marin / AFP

いよいよ待ちに待った隔離解除日が明日に迫りました。外出の為に一々用意しなければならなかった移動証明書が要らなくなります。私にとって、日常が大きく変わるわけではありませんが、いつでも遠慮せずに外出できるということに感動しています。今まで会えなかった家族や友達に会えると思うと気分は爽快です。

レストランやカフェは6月2日以前に開くことはありえず、パリ市内は公園も閉まったままなので、ランデヴーは自宅でということになりますね。10人までの集まりならOKなのですけれど。でも、これまで密着はダメと言われ続け、それが体に染み込んでいるので、元のようなフランス式挨拶をする人はもういなくなるでしょう。日本人としてはホッとするようなでも寂しいような、、、

公共交通機関は基本的に通勤者優先なので、6時30分〜9時30分、そして16時〜19時の間は、雇用者発行の勤務証明書(内務省のHP参照)がないと乗れません。また、運行は通常よりかなり減っているので、移動にはたっぷり時間を取るしかなさそうです。私は自転車購入援助制度に惹かれて、買おうかどうか迷っています。いつまで迷っているつもりでしょうね。

緊急事態宣言が昨日議会を通過、結局7月10日までの延長が決まりました。ということは、ここまでは様々な制約のある生活が続くことになります。保育園や小学校の85%は明日から再開、パリは14日からとなっています。6月2日から隔離解除の第2段階に入るので、ここで見直しが出るかもしれません。何はともあれ、明日に乞うご期待!!!

Published on Life

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post