マスクは何処? Où sont les masques ?

Published on by Kayoko

© Emilie Chaix / Ville de Paris

© Emilie Chaix / Ville de Paris

またマスクの話です。隔離解除予定日11日から公共施設および交通機関ではマスク着用が義務となりますが、パリ市長がパリ市民に約束した無料配布のマスクがまだ届きません。高齢者と障害者には4月中に渡すとしていたマスクの姿が見えません。一般用マスクの販売は今週月曜日から解禁になりましたが、大型スーパー以外では、まだ供給が追いついていないようです。

本日パリ市のホームページにやっと掲載された説明では、5月11日から6月6日迄の間に配布されることが決まりました。担当者の話では、生産者をパリとフランスに絞ったのが裏目に出て供給が遅れたのが一因だそうです。マスク希望者は11日にパリ市HPの専用ページへアクセスし、申し込み、そこで「引換券」を印刷し、薬局でマスクを受け取るという流れになります。また、高齢者などへは各区役所でマスクが届き次第、今週中にも配布するとのことですが、果たして実現するでしょうか。

尚、政府のHPの「フェイク・ニュース欄」は静かに姿を消しました。まるで何事もなかったかのように。

 

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post