予防接種! Vaccination contre la covid

Published on by Kayoko

au centre de vaccination (20ème arrondissement, Paris)

au centre de vaccination (20ème arrondissement, Paris)

遂に予防接種を受けました。ファイザー・ビオンテック(PfizerBiontech)のワクチンです。12月末から始まったこの接種は、当初、高齢者と重い病気に罹っている人が対象でした。その上、インターネットのオフィシャル・サイトのみでの受付けだった為、接種申し込みは混乱を極めました。自治体によっては電話受付も出来るようになり、今では、辛抱強く頑張れば申し込みが可能です。すでに接種を受けた人は、昨日の時点で8百万人を越えました。イギリスの3千万人と比べれば足元にも及びませんが。

一応、接種希望者の優先順位が政府によって決められているので、予防接種センター(Centre de Vaccination)では年齢規定などが守られるようですが、薬局やホームドクターの処での接種はその限りではありません。実際には、最寄りの薬局の接種希望者リストに名前を載せておくと、ワクチンに余裕ができると電話連絡が来て、年齢関係なく接種してもらえるそうです。こうして接種を受けた人を何人も知っています。薬局などで使われるワクチンはアストラ・ゼネカ(AstraZeneca)なので、嫌われてダブついていると言う話もありますが、真偽のほどは分かりません。

本日、接種センターに行ったら、センター前に行列が出来ていました。私も最後列に着こうと思ったら、「予約のある人はそのまま中に入って下さい」と言われ、すぐに受付へ。予約なしでもワクチンに余裕が出れば(二重三重に予約をしてスッポかす人たちがいるようです)接種してもらえるので、順番待ちをしていたのですね。受付では社会保険証を提示して、所定の紙に必要事項を書き込み、たくさんのブースが並んでいるホールへ入りました。注射針は長そうだし、痛かったら嫌だなぁ等と下らない心配をしましたが、それは杞憂に終わり、記念撮影をして無事、ワクチン接種が終わりました。ホッ!余談ですが、記念撮影をしたいと言ったのは私が初めてのようです。

 

Published on News

To be informed of the latest articles, subscribe:
Comment on this post