Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

ヨーロッパ議会選挙 Election européenne 2019

Published on by Kayoko

ヨーロッパ議会選挙 Election européenne 2019

*現時点(5月27日午前10時)での予想議席数 39:急進左派 150:社会民主 77:エコロジー 108:中道・リベラル 177:保守派 58:ナショナリスト・ 114:極右 28:その他 先週、ヨーロッパ議会選挙があり、新しい議会の構成予想が出ました。未だEU(欧州連合)離脱を模索中のイギリスはハード・ブレグジットのファラージの党が31%の支持を受け、イタリアとフランスは極右が第1党となり、ハンガリーに至ってはナショナリストが56%もの票を獲得しました。 *フランスの議席獲得数(内務省発表)...

Read more

今年のメーデー le 1er mai 2019

Published on by Kayoko

今年のメーデー le 1er mai 2019

今年のメーデーは去年に続き、デモ隊と治安部隊の衝突で終わりました。去年*はその影で、大統領の警備担当者による暴力「ベナラ事件*」が起こり、各方面に多大な影響を及ぼし続けていますが、今年は、治安を総括する内務長官の言動が非難の的になっています。 私は5月1日にベルギーから戻ってきました。当然、デモ隊の通り道と主要駅は朝から閉鎖され、多くのバスも正常運転されていない状況だったので、遠回りをしてやっと自宅のある道に辿り着いたら、そこが封鎖されていたので驚きました。デモ隊の通り道の横だった為、うちの70メートル足らずの何もない小さな通りが重装備の機動隊とその車によって塞がれていて、誰も出入りできなくなっていたのです。何とか自宅に戻り、伝統的な組合員のデモ行進だなぁと窓から眺めていたら、右側へ流れていた動きがいつの間にか左向きに変わっているではありませんか。気がつくと同時に異様なガスの匂いがしてきたので、慌てて窓を閉めました。催涙弾が使われたようでした。ライヴのニュースで確認すると、その頃、直線距離にして500メートル離れたピティエ・サルペトリエール病院(La...

Read more

「金正日の料理人」フランス語版 le cuisinier du dictateur

Published on by Kayoko

「金正日の料理人」フランス語版	le cuisinier du dictateur

Le cuisinier du dictateur / Editeur Hugo Document 「金正日の料理人」(扶桑社文庫2012年版)が「独裁者の料理人 Le cuisinier du dictateur」というタイトルでフランスで出版されました。これは北朝鮮に寿司職人として渡り、金正日の元で10年以上働いた藤本さんという方が書いた本です。この本が最初に書かれたのは2003年ですから、どうして今?と疑問が湧きますが、不思議なのは今読んでも決して古さを感じさせないことです。金正日から金正恩に時代が変わっても北朝鮮は相変わらず鎖国状態のまま、国民の生活は窺い知れません。...

Read more

ノートルダム大聖堂の火事 Incendie de Notre Dame de Paris

Published on by Kayoko

ノートルダム大聖堂の火事 Incendie de Notre Dame de Paris

火災探知機が最初に作動したのは15日午後18時20分頃のこと。そして数十分後に2度目の警報が響くのですが、時すでに遅く、煙が出始めていました。出火は屋根裏付近で、尖塔および屋根部分の3分の2が焼け落ちる大惨事となりました。建物自体は原形を留めており、マクロン大統領は予定していたテレビ演説を急遽変更、再建の為の寄付を国民に呼びかけました。現時点では、工事の為に組まれていた足場が火元と見られていますが、この時間にはすでに仕事が終了しており、作業員は誰もいませんでした。はっきりしたことは今後の調査を待つしかありません。...

Read more

ピラミッド誕生から30年 Pyramide du Louvre 

Published on by Kayoko

ピラミッド誕生から30年  Pyramide du Louvre 

ルーヴル美術館広場に全面ガラスのピラミッドが出現したのは1989年のこと。当時は賛否両論、ルネッサンス様式の優美な建築物と斬新なデザインの組み合わせが物議を醸しました。そのピラミッドも今年で30年、今ではパリの風景としてすっかり馴染んでいます。それを記念して、今年は様々なイベントがありますが、ピラミッドのある広場には騙し絵のインスタレーションが登場しました。 この仕掛け人はパリ生まれのコンタンポラリー・アートの旗手JR*。1983年生まれの彼は2001年頃からストリート・アーティストとして活動を始め、...

Read more

プラチュアップへの旅 Voyage à Prachuap

Published on by Kayoko

プラチュアップへの旅 Voyage à Prachuap

アオ・ノイの夕日 タイの首都バンコクから南へ約290キロ、マレー半島北部にあるプラチュアップ・キリ・カーン(Prachuap Khiri Khan)は同名の県の中心地でもあります。人口3万人弱のこの町には歴史公園を含む広大な空軍基地があり、美しい景観、海の幸に溢れています。バンコクやパタヤの喧騒とは程遠く、静かな佇まいの田舎なのです。道にはチリひとつ落ちていません。そんな天国に限りなく近いプラチュアップで1年の半分を過ごす友人を訪ねてきました。 プラチュアップ湾で水揚げされる様々な海の幸、イカやエビ、貝が海岸沿いに並ぶレストランでいつでも味わえます。...

Read more

農業・食料法の修正 L’interdiction de la production de pesticides reportée

Published on by Kayoko

農業・食料法の修正 L’interdiction de la production de pesticides reportée

photo © Claude Prigent 大きな被害をもたらした16日の黄色ベスト運動の影でほとんど報道されなかった重要なニュースのひとつに、農薬生産に関する法律( loi Egalim )の変更があります。2017年1月から公園など公共の場での化学合成農薬(欧州連合で禁止された農薬)の使用、2019年1月からは個人用の使用が既に禁止になっています。しかし、この法律の施行により、ヨーロッパではスペインに次いで農薬販売第2位のフランス経済面の影響が懸念されていました。それを受け、議会が2022年からの国内での農薬生産、備蓄、...

Read more

おばあちゃんと一緒! 12301 jours avec ma mamie

Published on by Kayoko

おばあちゃんと一緒! 12301 jours avec ma mamie

12301 ours avec ma mamie / © Eglantine Chesneau エグランティーヌ・シェノー(Eglantine Chesneau)は元気で可愛い女の子。好奇心いっぱいの彼女は先日パリで行われた市民マラソンにも参加しました。彼女の職業はイラストレーター、機知に富んだ楽しいイラストで活躍しています。 そのエグランティーヌが新しい本を出しました。題して「おばあちゃんと一緒の12301日 *12301 jours avec ma mamie 」。大好きだった祖母が亡くなり...

Read more

パリは燃えているか? Paris brûle-t-il ?

Published on by Kayoko

パリは燃えているか? Paris brûle-t-il ?

今日は*黄色ベスト運動が始まって18回目の土曜日です。土曜日毎に集会デモがフランス各地で行われてきましたが、回を追う毎に動員数が減り、前回のパリ動員数は約3000人でした。この運動効果で、政府主導の「国民大討論 grand débat national」が始まり、市民は日頃疑問に思っている問題点を各自治体に訴える機会を持ちました。その終了に合わせて行われたのが今回のデモとあって、1万人(警視庁14時発表)以上がパリに集まったのです。 デモの度に問題となるのが壊し屋による破壊行為です。レマルクの小説「凱旋門」に登場する有名ブラスリー「フーケッツ...

Read more

エールフランスKLM株をオランダが買い増し Air France - KLM

Published on by Kayoko

エールフランスKLM株をオランダが買い増し Air France - KLM

2004年に2社が統合して誕生したエールフランスKLM社はフランス政府が資本の14%を握り、筆頭株主でした。統合してひとつのグループとなるもそれぞれの会社運営は別でした。その後、エールフランスの業績が悪化するのと反対にKLMは利益を増して行きます。去年の利益の80%がKLMからと言われているにもかかわらず、フランスにコントロールされ、オランダ国益が無視されていると不満が溜まっていました。この辺りはルノー・日産の関係を彷彿とさせます。 4年前に当時の経済大臣だったマクロンは、フランス政府の日産に対する影響力を増す為にルノーの株を操作し、後にフロランジュ法と呼ばれる法律を成立させます。これは民間会社(従業員1000人以上)において「国は出資分の2倍の投票権を持つ」というものです。フランスはルノー株の15%を保有していますが、この法律によって30%の権利を持てるようになったのです。カルロス・ゴーンはこの株操作に大反対したと言われていますが、若干37歳だったマクロンには勝てませんでした。...

Read more

<< < 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 30 > >>