Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

排ガス対策のステッカー Les vignettes Crit’air

Published on by Kayoko

排ガス対策のステッカー Les vignettes Crit’air

今日のパリは寒波で冷え込みましたが、晴天で青空が広がり、大気汚染警報が出ました。その原因のひとつが車の排気ガス。パリ市は公害対策として車の種類と製造年に応じてステッカー(vignette Crit’air)を発行します。このステッカーは汚染度によって6種類に色分けされています。例えば、電気自動車はグリーンで、古いディーゼル車はブラックという具合に。貼られたステッカーの種類によっては様々な制限が生まれるわけです。すでに7月から1997年1月以前製造の車の走行が制限されているパリですが、このステッカーを貼ることにより、厳しく取り締まりが行われるようになります、というか、なるかもしれません。来年1月15日までにステッカーをフロントガラスに貼っておかないと、68ユーロの罰金が科せられることになりますので要注意。...

Read more

ブリュッセルで見かけたストリート・ミュージシャン Un musicien à Bruxelles

Published on by Kayoko

ブリュッセルで見かけたストリート・ミュージシャン Un musicien à Bruxelles

恒例のクリスマス市が始まったブリュッセルは観光客と買い物客で大賑わい。テロの影響で客足が遠のくかもと考えるのは日本人だけかもしれません。1847年に建てられた老舗が軒を並べるショッピング・アーケード「ギャルリー・サン・チュベール Galeries royales Saint Hubert」もすっかりクリスマスの装い。ついつい店内に吸い込まれそうになります。店によっては「ブラック・フライデー」の表示が踊り、私たちを誘惑します。これは元々アメリカの感謝祭(Thanksgiving)の翌日に行われる「大バーゲンの日」を指すのですが、最近はヨーロッパでも便乗して行われるようになりました。この日に限って「全製品が40%引き」などと魅力いっぱいのショッピング日なのです。...

Read more

デルフトの1日  Une journée à Delft

Published on by Kayoko

デルフトの1日  Une journée à Delft

デルフトと言えば、17世紀のオランダを代表する画家フェルメール(Johannes Vermeer)と陶器が頭に浮かびます。34点の油絵しか残っていないとされるフェルメールは生涯のほとんどをデルフトで過ごしました。静けさに満ち、凛とした空気を感じさせる彼の絵はこの町以外では生まれなかったような気がします。 数年前に旅行中に立ち寄ったデルフトが忘れられず、今回は1泊付きで出かけました。ロッテルダムから普通電車で約15分、斬新なデザインのデルフト駅から町の中心へは徒歩で10分もかかりません。ホテルに荷物を置き、まずは腹ごしらえ。とは言うものの、日曜日の為に開いている店は少なく、最初に目に付いた店でコロッケとサラダを注文しました。なかなかの人気店で、給仕のお兄さんも感じがよく、大満足。そして旅の最大目的である「デルフトのタイル」探しを始めました。...

Read more

オセールへの日帰りの旅 Une journée à Auxerre

Published on by Kayoko

オセールへの日帰りの旅 Une journée à Auxerre

パリから南へ167キロ、ブルゴーニュ地方の北西部に位置するオセール(Auxerre)は中世、ルネッサンス期の街並みが残る静かな町です。市内にある歴史建造物は35にも上ります。その中心はサン・テティアンヌに捧げられた大聖堂、カテドラル・ドセール(Cath édrale d’Auxerre)。5世紀に建てられた小さな教会が4回の改築を経て、現在のゴシック様式になったのは16世紀のこと。神々しい光を生み出すステンドグラスに暫し現実を忘れます。 さて、何故ブルゴーニュまで足を伸ばしたかというと、その数日前、仏国鉄から送られきた旅情報に「木村シェフのインタヴュー記事」が載っていたからです。ミシュラン1星のレストラン「L’Asp...

Read more

可愛いワンちゃんはイギリス生まれ Cavalier King Charles

Published on by Kayoko

可愛いワンちゃんはイギリス生まれ Cavalier King Charles

愛犬のミミを連れて散歩がてら近所のガレージセールへ行き、同胞を見つけました。同じ白と茶色のキャバリア・キング・チャールズでしかも2匹一緒です。1匹は顔にシミがたくさんあり器量はイマイチですが、もう1匹は愛くるしい顔でしかも静かで控えめ、そこはかとなく気品が漂います。うちのミミは他の犬を見るとすぐに逃げ出すので、飼い主同士の情報交換はできないのが常ですが、あまりにその2匹が可愛いので、立ち話となりました。 そこで判ったのは、ブリーダー事情です。この可愛い犬たちはイギリスのブリーダーから払い下げられた犬だったのです。特に器量の良い方の犬ロジーちゃんは小さな小屋に5年間閉じ込められ、子犬を産み続けさせられる生活だったそうです。今の飼い主がロジーちゃんを引き取った時は痩せて毛の色が褪せ、耳の毛は剥げ落ちていました。そして小屋の隅で縮こまっていたのです。...

Read more

コンセプトストアがマレ地区にオープン EMPREINTES

Published on by Kayoko

コンセプトストアがマレ地区にオープン EMPREINTES

9月13日にマレ地区にオープンした「アンプラント Empreintes」はフランス最大の工芸家組合が運営するコンセプトストア。約1600人の組合員に展示・即売の場を提供する画期的なスペースです。そこに並ぶ陶器、テキスタイル、ジュエリー、インテリア家具など、作品の共通点は唯ひとつ、「フランス製」であること。すべてフランスのアトリエで生まれたオブジェなのです。 現在、展示されているのは267人のクリエーターの作品、3〜6ヶ月でクリエーターは交代します。フランス中のアトリエから集められた一点もののオブジェが肩を並べるこの空間は、売り手にとっても買い手にとってもありがたい存在、地下では工芸に関する映像が流れています。...

Read more

パリの「車なし」の日 Journée sans voiture à Paris

Published on by Kayoko

パリの「車なし」の日 Journée sans voiture à Paris

今日は「車なし」の日。パリの中心部は午前11時から緊急の車とタクシー、バス以外は交通止めになりました。罰則がないと平気で規則を無視する人が多いパリですから、結果が興味津々ですが、少しでも空気がきれいになることは大いに実行すべきだと思います。パリ市長イダルゴさん、車ロビイストは手強い相手ですが、頑張って下さいね。 ということで、日頃車で渋滞するサン・ミッシェル大通りへ行ってみました。時間は午後15時、確かに大通りはガラガラです。どう見ても用事には見えない普通車が時々走ってきますが、概ねパリジャンは...

Read more

ベルギーで紅茶キノコに再会! Konbu-tcha?

Published on by Kayoko

ベルギーで紅茶キノコに再会!      Konbu-tcha?

ブリュッセルの住宅地のひとつにサン・ジル地区(Saint Gilles)があります。テロで有名になったモレンベックほどではありませんが、ミディ駅に近い北側にはアラブ系の人たちが多く住んでいて、朝市の八百屋さんはモコッコ人です。その八百屋さんたちは支払い金額の端数をいつも切り捨ててくれます。お釣りを誤魔化されるのではと気を使うパリとは大違い、優しい心遣いにホッとするのがこの地区なのです。 ここで、昨日大きなガレージセールがありました。主だった通りが交通止めとなり、たくさんの古道具が所狭しと並べられました。冷やかし半分に覗いていたら、可愛い「スミレのモチーフ」のコーヒカップがあったので、1ユーロでゲットしました。家でよく見たら、ババリア地方のメーカー品でした。思わぬ収穫にニッコリ。...

Read more

アルツハイマーにならない食事? MIND Diet

Published on by Kayoko

アルツハイマーにならない食事? MIND Diet

9月21日は「アルツハイマー病と戦う世界の日 Journée mondiale de lutte contre la maladie d’Alzheimer 」。フランスで始められたこのイベントは今年で23回目を迎えました。認知症の中で最も多いアルツハイマー病は、寿命が延びるに従い、増える一方です。65歳以上の人口の2〜4%がこの病気を発症、80歳以上では15%が罹っています。現在、フランスでは90万人がアルツハイマーと診断され、2020年には130万人になると推定されていますが、まだ予防薬や特効薬はありません。...

Read more

<< < 10 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > >>