Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

パリで見つけた鉄腕アトム   Astro, le petit robot

Published on by Kayoko

パリで見つけた鉄腕アトム   Astro, le petit robot

パリの壁には「グラフィティ」がたくさん描かれています。パリ空港に着いてパリ行きの電車に乗ると、窓から見える建物や壁は「いたずら書き」でいっぱいです。アートとは程遠く「公共物毀損」で逮捕されても文句は言えない代物で、ペンキがもったいないなと思ってしまいます。壁や橋によじ登らないと描けないような場所にも独特の文字が踊っています。危険を犯してまで、どうして壁を汚すのか不思議ですが、中にはストリート・アートと呼ばれ、美術館に展示されるグラフィティもたくさんあるのです。最近では、パリ市が芸術橋(Pont des...

Read more

美味しいお肉の店レ・プロヴァンス Boucherie « Les Provinces »

Published on by Kayoko

美味しいお肉の店レ・プロヴァンス Boucherie « Les Provinces »

パリ12区にあるアリーグル市場(Marché d’Aligre)は月曜日以外毎日営業している朝市です。嘗て、パリに中央卸売市場(Les Halles)があった頃は、パリの「第2のお腹」と呼ばれたほど、生鮮食品を中心にした大きな市場です。週末は「蚤の市」まで加わり、たいへん活気があり、多くの買い物客で賑わいます。 その中心、アリーグル通り12番地にある肉屋は「レ・プロヴァンス Les Provinces」。その店内の半分のスペースにはテーブルと椅子が置かれていて、ほどよく熟成したお肉を食べることができます。つまり肉屋さんがレストランも兼ねているのです。ここへ昼食に入りました。牛肉の各部位によって、値段が異なりますが、私は「ハラミ...

Read more

新スペース《メゾン・ワ》が近日オープン    Maison WA

Published on by Kayoko

新スペース《メゾン・ワ》が近日オープン    Maison WA

今日から4日間、パリでジャパン・エキスポ(Japan Expo)が始まりました。2000年に日本アニメのファンが集まって始めたイベントが年を追う毎に大きくなり、今では他の町でも行われるほどの人気になりました。去年の入場者数は25万人に上ったそうです。マンガ、寿司、ラーメン、弁当、、、知らないうちに日本がフランスの生活に入り込んでいます。「カニかま」は「スリミ surimi」と呼ばれ、庶民の食卓に並びます。これが日本からやってきた食べ物だと知っている人は少ないかもしれません。 そんなパリに日本製品のセレクトショップ「メゾン・ワ...

Read more

パリは猛暑   La canicule à Paris

Published on by Kayoko

パリは猛暑     La canicule à Paris

サハラ砂漠からの熱風がパリに到着。今日の気温は北アフリカと同じだとニュースが報じています。この季節としては60年来の猛暑だそうで、記録が更新されるとの予報です。猛暑と言えば、2003年にヨーロッパじゅうが暑さに包まれた記憶が昨日のことのように蘇ります。この時は、フランスだけで2万人が熱中症で亡くなりました。暑さが3日以上続くと、涼しかった建物内部の温度もじわじわと上昇します。冬は暖かく夏は涼しい石造りの建物も、長引くと、外より暑いという状況になることもあるのです。ですが、このような状態になるのは稀ですので、クーラーを備えているアパートはあまりありません。...

Read more

文化センター《104》のマルシェ・ビオ  Marché bio du 104

Published on by Kayoko

文化センター《104》のマルシェ・ビオ  Marché bio du 104

パリ19区に市営文化センター「ル・ソンキャトル Le Centquatre 」があります。住所が「オーべルヴィリエ通り104番地 104 rue d’Aubervilliers 」であることから、番地の「104 cent quatre」がそのまま施設の名前となっています。 嘗てここには市営葬儀所がありました。棺の製作から墓地での埋葬まですべてを一括し、約1400人が働いていたと言われています。葬儀関連事業の民営化に伴い、1998年にこの葬儀所が閉鎖され、2008年に文化施設として蘇って現在に至ります。絵画、音楽、芝居、パフォーマンス、映画、デジタル映像など、すべての創作活動を支えることを主旨としています。また、アーティストにアトリエを提供し、創作・発表の場を与えることにより、地域の活性化を図るという目的もあります。...

Read more

パリの古〜いレストラン「オーベルジュ・カフェ」 L’Auberge Café

Published on by Kayoko

パリの古〜いレストラン「オーベルジュ・カフェ」 L’Auberge Café

花屋さんやペット屋さんが並ぶパリ1区のセーヌ川沿いからちょっと入った所にそのレストランはありました。「オーベルジュ・カフェ L’Auberge Café 」は1617年にできたという古〜いお店です。歴史建造物に指定されているので、簡単に改造はできません。店内は古色蒼然、500年の重厚さが伝わってきます。間口がそれほど広くないので、こじんまりした可愛いカフェかと思ったら、中にはたくさんのテーブルが並び、中2階にも席がありました。 天気が良いので、テラス席に着き、ランチにしました。メニューは3皿で18ユーロ、2皿なら13,50ユーロです。たくさんの料理候補の中から、前菜は「グリンピースのフラン(フランス版茶碗蒸し)」、メインは「鱈のソテーと南仏風野菜煮込み」、デザートは「ピーチメルバ」を選びました。どれも美味しく、特に魚料理は絶品でした。気軽にランチできる嬉しいお店の発見です。その上、昔のパリを彷彿とさせるタイムスリップしたような雰囲気が堪りません。...

Read more

夏祭り2015パリの日本人大集合 Grand Matsuri au Passage des Panoramas

Published on by Kayoko

夏祭り2015パリの日本人大集合 Grand Matsuri au Passage des Panoramas

パリ右岸には「パッサージュ」と呼ばれる19世紀初頭にできた屋根付きの商店街がたくさんあります。「パッサージュ・デ・パノラマ Passage des Panoramas 」もそのひとつ。全長133メートルのパッサージュに切手屋さんとレストランが軒を並べています。日本人で初めてミシュラン2星を獲得した佐藤シェフの店「Passage 53」もここにあり、姉妹店の餃子屋さんと共に繁盛しています。 さて、このパッサージュで「日本のお祭り」がありました。友人の仕出し屋さん(Pomponnette)も屋台を出すというので、私もちょっとお邪魔しました。ここの焼きそばはピカイチで、フランス人にも人気です。シェフに味付けの秘密を伝授してもらったので、作る楽しみができました。日本関連イベントでは定番となったお好み焼きや餃子に加えて、クレープや綿あめも顔を出し、音楽が始まる14時過ぎには多くの日本人と親日家で狭い通路がいっぱい。ゆかた姿の人たちもちらほら、今更ながら、パリに日本人がたくさん暮らしているのに感心しました。...

Read more

クリスチャン・トルチュのフラワー・イベント  Summer Flowers par Christian Tortu

Published on by Kayoko

クリスチャン・トルチュのフラワー・イベント  Summer Flowers par Christian Tortu

パリ10区パラディ通りにある「ル・ピュルガトワール Le Purgatoire」で昨日から3日間「サマー・フラワー Summer Flowers」と題したイベントが催されています。パラディ通りは嘗て食器関係の店がたくさん集まっていた地区で、その中心はクリスタルの「バカラ Baccarat」でした。今では古い店が消え、新しい街に変わりつつあります。このエスパス・ギャラリー「ピュルガトワール」がある場所には、19世紀の陶器製造所があったそうです。 毎年、夏至にパリ市内で音楽祭(Fête de la Musique)が開かれます。プロ・アマ問わず、誰でも自由にコンサートができる日です。いまではこの音楽の日がヨーロッパじゅうに広がっていますが、ピュルガトワールでは、生花と音楽を同時に楽しめる趣向です。フラワー・アーティストとして有名なクリスチャン・トルチュ(Christian...

Read more

布地買うならマルシェ・サン・ピエール地区 Marché Saint Pierre

Published on by Kayoko

布地買うならマルシェ・サン・ピエール地区 Marché Saint Pierre

古くから、反物屋さんや小間物屋さんが集まっているのが、モンマルトル丘(Butte Montmartre)の麓にあるマルシェ・サン・ピエール地区。アウトサイダー・アート(Art brut)美術館である「アル・サン・ピエール Halle Saint Pierre」もあり、独特の雰囲気を漂わせています。最寄り地下駅「アンヴェール Anvers」近辺には、安くて有名な衣料雑貨店「タチ Tati」や露天が並び、旧植民地からの移民と観光客でいつもごった返しています。そして、駅から反物屋さんへ通じる道の両側には土産物店がひしめき合い、正面にはサクレ・クール寺院が聳え立っているのです。...

Read more

古いリネン類の洗濯  Linge jaunit et taché

Published on by Kayoko

古いリネン類の洗濯  Linge jaunit et taché

先日の古物市で購入した白い綿のテーブルクロスとナプキンを広げてみると、たくさんのシミがついていたので洗ってみました。長い間、タンスの奥に仕舞われていた為にできたと思われる黄色のシミです。シミ抜き方法をインターネットで調べてみると、「炭酸ナトリウム過酸化水素化物」(percarbonade de soude = 2Na2CO3·3H2O2)が効果的で、環境にも優しいと書かれています。早速、自然食品店へ行き、これを買い、洗濯機を回しました。雑貨屋(droguerie)さんでも売っているようです。 洗濯機のプログラムを「綿洗い/90度」にセットして待つこと2時間、結果は?「やった〜」と思わず声を出したくなるほど、きれいになっていました。シミが見事に消え、白い上質のテーブルクロスに蘇ったのです。これでアイロンをかければ新品同様になりそうで、洗濯をする楽しみが増えました。 Sodium...

Read more

<< < 10 20 30 31 32 33 34 35 36 > >>