Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

芸術橋と45万トンの鍵 Pont des Arts

Published on by Kayoko

芸術橋と45万トンの鍵                               Pont des Arts

パリ市は6月1日、ポン・デ・アール(芸術橋)に付けられた45トンに上る鍵の撤去作業を行いました。10年近く前から付けられるようになった南京錠は芸術橋をはじめ、アルシュヴェシェ橋やシモーヌ・ド・ボーヴォワール橋など、金網フェンスのある橋で増え続け、1年前には橋の一部が重さの為に崩れるという事態に至ったのです。芸術橋は鈴なりの南京錠とベニヤ板の無残な姿を晒していましたが、これでやっと安全性は確保されたようです。 現在、4人のストリート・アーティストにより制作されたパネルがフェンス代わりに置かれています。そして、秋には強化ガラスの欄干が設置される予定です。でも、芸術橋近くのフェンスには、今日もツーリストが南京錠を付けていました。金網のフェンスがある限り、南京錠は増え続けるのではないでしょうか。ソルフェリーノ橋の上には南京錠売りがいました。この「鍵を付ける」風習が消えない限り、南京錠屋さんが倒産することはなさそうです。 Pont...

Read more

お墓参りはハイキングのよう cimetière japonais

Published on by Kayoko

お墓参りはハイキングのよう cimetière japonais

本日、母とお墓参りに出かけました。バスや電車を乗り継ぎ、片道2時間半かかってお墓に着きました。家族の墓は元々下関にあったのですが、骨壷を入れる場所が手狭になり、本籍地も首都圏に移したのを契機に新しい墓所を両親が購入したのです。2年前に父が他界し、祖父母と一緒にそこに入っています。いつ行っても墓地の巨大さには圧倒されます。1965年に静岡県に作られた公園墓地と呼ばれるここは、見渡す限り、緑の木々とお墓です。母は富士山がよく見えるのでここを選んだと言っていますが、私はまだきれいな富士山を見たことがありません。総面積は213万m2、気が遠くなるくらい広大な土地に同じお墓が並んでいます。区画数から考えると約7万家族がここに眠っていることになります。...

Read more

“キノア”のサラダ Salade de quinoa

Published on by Kayoko

“キノア”のサラダ Salade de quinoa

自然食レストランや美術館のカフェテリアで人気があるのが「キノアのサラダ」です。キノア(quinoa)は5千年の昔から南米の高地で栽培されている雑穀の一種で、フランスでは、タンパク質や基礎アミノ酸を多く含む擬似穀類として、1970年代から菜食主義やフェア・トレード支持者たちの間で食されるようになりました。グルテンを全く含まないので、グルテン・アレルギーの人には貴重な穀物と言えます。 私は菜食主義ではありませんが、このキノアが気に入っていて、よくサラダにして食べます。キノアは小さな粟粒のような穀物ですが、殻の部分に苦い味のするサポニンを含んでいるので、茹でる前に水でよく洗います。お米を研ぐように何度も水を変えて洗うのです。洗った後、水をたっぷり入れた鍋で茹でます。水から入れ、沸騰後13分くらい茹でるのが目安です。茹で上がると「小さな芽が出ているように見える状態」になります。これを目の細かいザルに上げます。...

Read more

話題の年齢・性別当てサイト   How-old-net

Published on by Kayoko

話題の年齢・性別当てサイト       How-old-net

パリから日本に来るといつも時差で夜中に起きています。若い時は2〜3日で時差が直ったものですが、歳と共に体内時計がフランス時間のままとなり、パリへ戻るまで、生活時間は狂いっぱなしです。昼間は用事で起きているので、夜の8時ともなると瞼が下がり、夕食が終わればベッドへ直行、どんなに疲れていても零時頃になると目が覚めます。そして、メールをチェックしたり、インターネットを通じてニュースを見たりの生活となるわけです。 今日も2時間前に目が覚め、ネット新聞を読んでいたら、面白い記事に出会いました。「4月の終わり頃に...

Read more

パリから羽田へ里帰り  Paris-Haneda : AF272

Published on by Kayoko

パリから羽田へ里帰り          Paris-Haneda : AF272

久し振りに日本へ里帰りです。息子が初めての子供を連れて日本へ行くので、私は孫の世話係兼実家の接客係という役割です。私の母にとっては外国からの曾孫ですので、言葉の壁もあり、より緊張を強いられます。私の労働力に全面的に期待を寄せるわけです。布団を干すにしても母の腕力では押入れから出すこと自体、たいへんな努力を要します。まして、それを2階のベランダに並べるのは不可能というより他ありません。 さて、パリから羽田行きの直行便に乗りました。機内は空いており、機体も新しいので、とてもゆったりした空の旅です。 「11時間の長旅をいかに快適に過ごすか?」がいつもテーマになり、重いのを覚悟でノート型コンピュータをバッグに入れて出かけました。家から本を持ってくるのを忘れたので、出発ロビー売店で本を1冊購入。ピエール・ルメートル(Pierre...

Read more

パリの街路樹のデータベース   Arbres de Paris

Published on by Kayoko

パリの街路樹のデータベース   Arbres de Paris

パリの街路樹は1本残らず、登録され、データ化されています。「この木の名前は何かしら?」そんな疑問を持った時、パリ市のオープン・データにアクセスすると、地図が表れます。探している木のある地区、道と地図を拡大して、その「木」を見つけ、それをクリックすると情報が得られるという仕掛けです。 最近、散歩の度に気になっていたのが桐の花です。どこへ行っても薄紫のきれいな花が咲いているのです。桐の原産地は中国だそうですが、フランスには日本から1834年にやってきたようです。近所の大きな広場「イタリー広場」(Place...

Read more

パリ市庁舎広場とイベント Place de l’Hôtel de Ville

Published on by Kayoko

パリ市庁舎広場とイベント Place de l’Hôtel de Ville

市庁舎はパリの中心にあり、14世紀から今日まで人々が集う広場です。嘗ては「グレーヴ広場」と呼ばれており、ストライキをすることをフランス語では「faire grève」(グレーヴをする)と言いますが、この広場でよくストライキが行われたことからこの表現が生まれたと言われています。 昨日、この広場を通りかかると、多くの人たちが整然とシッティングをしていました。全員が黒の服を着て、きれいに列を作り、無言で座っているのです。音を立てず、動かない約200人の人たち。時間が止まっているような錯覚に陥りました。思わず足を止め、何のイベントだろうと参加者が掲げているプラカードに目を凝らしました。これは「動物の生体実験反対」のキャンペーン(www.international-campaigns.org)でした。主催者の演出に脱帽です。通常、こういったキャンペーンは彼らの主張をひとりでも多くの人に聞いてもらおうと声高にメッセージを連呼することが多いのですが、今回のように静かに座っているだけの方がメッセージが伝わってきます。 sitting...

Read more

パリでフランス人死刑囚を救う集会 Serge Atlaoui

Published on by Kayoko

パリでフランス人死刑囚を救う集会 Serge Atlaoui

ポンピドー・センター横の広場で集会がありました。セルジュ・アトゥラウイ(Serge Atlaoui)51歳を救う為にアムネスティ・インターナショナルの呼びかけで人々が集まりました。彼は1週間前までほとんど知られておらず、犯罪歴も一切ないフランス人の溶接技術工で、10年前にインドネシアで「麻薬密売」の罪で逮捕され、死刑執行を待つ身です。彼は2005年にフランスで仲買人を通じて、ジャカルタ郊外の工場に機械を設置する仕事を打診されます。1週間2000ユーロという破格の条件に彼はこの仕事を引き受けます。ほとんど何もなかった工場に機械を設置し、6週間後、帰国します。そして報酬を受け取る為にもう一度、インドネシアに戻った時に彼は逮捕されました。工場で働いていた現地人たちと一緒に麻薬密売人として警察に捕まったのです。...

Read more

私の定番サラダ《タブレ》 taboulé

Published on by Kayoko

私の定番サラダ《タブレ》 taboulé

お惣菜屋さんやセルフサービスのレストランで必ず見かけるのが「タブレ」(taboulé)という料理です。タブレの発祥地はレバノンで、たっぷりのパセリとboulghour(小麦粉を荒く砕いたもの)で作りますが、フランスではセモリナ粉(semoule)にトマトや小さく切った野菜を混ぜて作るサラダのことです。フランスは歴史的に北アフリカや中近東に馴染みが深く、タブレは一般料理のひとつになっています。 私も気温が上がる5月になると、このタブレが食べたくなり、大きな蓋付き容器にいっぱい作ります。作り方は簡単、まず、容器にセモリナ粉(250〜300グラムくらい)を入れます。絞ったレモン汁(1個)をその上にかけます。次に湯むきして小さく切った3〜4個のトマトとカップ2杯分のみじん切りパセリ、カップ1杯分のみじん切りオニオンを加えます。ここまでが基本で、私はさらにニンジンみじん切りと水で戻しておいた干しレーズンを加えます。塩少々とオリーブ油大さじ2杯くらいを加えてさっくり混ぜ、蓋をしてそのまま休めます。セモリナ粉が水分を吸って量を増してくるので、1時間くらい経った頃に全体をもう一度混ぜ返します。この時に塩やオリーブ油を足して味も整え、冷蔵庫に入れます。それから1時間以上休ませると出来上がり。ミントの葉があれば、食卓に出す前に少し混ぜます。私の場合、セモリナ粉と混ぜる野菜の量はその時々で変わります。夏季にはきゅうりを混ぜることもあります。レバノン人が私の「タブレ」を見たら笑うに違いありませんけど。...

Read more

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン Fondation Louis Vuitton

Published on by Kayoko

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン Fondation Louis Vuitton

2014年10月に開館したフォンダシオン・ルイ・ヴィトンに行ってきました。そうです、半年前に大統領を迎えて落成式が行われた話題のアートの殿堂です。以前から行きたいと思っていたのですが、折角行くなら晴れた日にと思っているうちに遅くなってしまいました。 この美術館はブーローニュの森の北側に位置する公園「ジャルダン・ダクリマタシオン」(jardin d’Acclimatation)に隣接しています。建築はアメリカ人のフランク・ゲーリー(Frank Gehry)によるもので、木と鋼鉄の骨組みにガラスを張ったこの巨大な建物は風をいっぱいに受けて走る帆船を思わせます。上方にあるテラスからは緑豊かな森と公園、そして近代ビルが立ち並ぶデファンス地区を望むことができます。不思議な導線で各階、各展示室が繋がっている所為か、自分のいる場所がなかなか認識できません。...

Read more

<< < 10 20 30 31 32 33 34 > >>