Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

パリのイタリア食料品店と Prosciutto di Parma

Published on by Kayoko

パリのイタリア食料品店と Prosciutto di Parma

パリの9区には、昔の面影を残す小さな商店がまだ残っています。ノートル・ダム・ド・ロレット教会の裏側の地区です。そこに5ヶ月前に開店した食料品店「RAP」はイタリア産の自然食品を中心にした店です。ワイン・セラーには約4000本、180種類の各地のイタリア・ワインが揃っており、ナチュラル系では1番かもしれません。 その「RAP」で一昨日、パルマの生ハム試食会があったので、参加してきました。パルマの小さな生産者が集まって組織「Consorzio del Prosciutto di Parma」を作り、...

Read more

ル・モンド紙の東電記事 Photos de TEPCO

Published on by Kayoko

ル・モンド紙の東電記事 Photos de TEPCO

本日のル・モンド紙に東電が昨日公開した福島第一原発1号機の原子炉格納容器内の写真が載っています。これは遠隔操作ロボットで撮影した初めての写真ということで大きな扱いです。しかし、日本では小さな扱いで、フランスと日本の温度差を感ぜずにはいられません。原発事故処理に苦慮する状況から『福島原発報道は控えたい』という日本メディアの意識の表れなのでしょうか。写真が語ることは見る人の立場で違ってきます。災害に遭われた方、復興に力を注ぐ方、科学者、エコロジスト、そして地球の裏側でこの写真を見るフランス人は何を思うのか、、、考えさせられる写真でした。...

Read more

ブリュッセルの桜 Cerisiers de Bruxelles

Published on by Kayoko

ブリュッセルの桜 Cerisiers de Bruxelles

週末をブリュッセルで過ごしてきました。恒例となった毎月1度の小旅行です。いつもベルギーの新幹線タリス(Thalys)を利用するので、もうすぐタリス・カードのグレードが1つ上がってグレーからベージュに変わるようです。ポイントが貯まると切符に変えられるのは航空会社のマイルと同じです。2009年のジョージ・クルーニー主演映画「In the air」は、マイルを貯めるのが趣味の主人公の話で、航空会社やホテルのポイント・カードが山ほど登場します。それまではポイント・カードに一切興味がなかった私ですが、その映画を見て以来、ポイント・カードを持つようになりました。そのうちの1枚がタリス・カードです。変更不可の格安切符でも、カードを持っていると、空席があり次第、別の列車に乗ることができるのも特典のひとつです。...

Read more

ムフタール通りの行列のできる店 Rue Mouffetard

Published on by Kayoko

ムフタール通りの行列のできる店 Rue Mouffetard

パリ5区のムフタール通り(Rue Mouffetard)は古代ローマ時代に作られたと言われる南北に通る細長い道です。南側には食材を売るマルシェがひしめき合い、北へ坂道を上るにしたがって洋品店や靴屋、レストランが増えてきます。今でも古き良き時代の庶民的な雰囲気を残すこの近辺は映画の撮影にもよく使われます。スピルバーグやウッディ・アレンもここで撮影をしています。無料の映画村と言った風情です。 さて、本日は「復活祭の月曜日」(Lundi de Pâques)で祭日です。お天気も良いので、愛犬を連れてムフタール通りを散歩してきました。時は14時30分、そろそろ昼食が終わる時間ですが、坂道の中程に人だかりが、、、場所は240番地「オー・プチ・グレック」(Au...

Read more

ミミちゃんのお風呂 le chien sous la douche

Published on by Kayoko

ミミちゃんのお風呂 le chien sous la douche

うちのミミちゃんは1ヶ月に1回くらい、お風呂に入ります。 このところ雨が続いて、トイレ散歩に出る度に体が汚れ、拭いても白い毛はドブネズミ色に近づく一方でした。やっと太陽が顔を出したので、久し振りのお風呂となったわけです。獣医さん曰く「犬を洗うのは1ヶ月〜1ヶ月半に1回が良い」そうです。ミミちゃんは毛が長いので、地面が濡れていると、散歩の度に脚はもちろんのこと、お腹の毛も濡れてしまってヨレヨレになります。最近、年の所為か、お尻のあたりの茶色の毛が白っぽくなってきました。犬も白髪になるのかしら?とにかく無事シャンプーを終え、毛がふわふわになってちょっと若返えったミミちゃんです。そして、ソファーで鼾をかいて寝ています。まるで人間のおじさんみたい。 my...

Read more

映画「小さいおうち」 La Maison au Toit Rouge

Published on by Kayoko

映画「小さいおうち」 La Maison au Toit Rouge

山田洋次監督の「小さいおうち」がフランスで封切られたので、早速観に行ってきました。第143回直木賞受賞作である中島京子の小説を映画化したものです。日本では2014年1月に一般公開されました。1936年の東京が舞台で、フランスのタイトル「La maison au toit rouge」では家の屋根の色が強調されています。原題の「小さい」が「赤い屋根」に変わったのはどうしてかと不思議に思いました。日本の家が押し並べて小さいのは当然なので、屋根の色で特色を出そうとしたのでしょうか。 私は戦後生まれです...

Read more

パリにも春がきた sansho "poivre du Sichuan"

Published on by Kayoko

パリにも春がきた sansho "poivre du Sichuan"

今日は久しぶりに良い天気、お日様が顔を出しています。バルコニーのジェラニュームは何とか冬を越しましたが、花が消え、虎の子のパイナップル・セージ(sauge ananas)は枯れてしまいました。これはサルビアの仲間で赤く可愛い花を咲かせますが、特徴は葉にあります。葉にパイナップルの香りがあり、フルーツ・サラダに入れると最高なのです。他のハーブはやっと芽を吹き出したところで、数年前にツールーズで買ったスミレは今年も元気に花を咲かせています。 そして、山椒の新芽が日毎に大きくなってきました。運良く雄木...

Read more

今日から夏時間 Heure d'été

Published on by Kayoko

今日から夏時間 Heure d'été

冬がなかなか終わらないなぁと思っているうちにもう夏時間がやってきました。今朝、起きてすぐに家中の時計を1時間進めました。1976年から続いている習慣です。フランスでは70年代の石油ショックを機にジスカール・デスタン大統領が導入したエネルギー対策の一環ですが、1998年にはEC圏内の各国が同じ日に実施するように統一されました。以来、夏時間の始まりは3月最後の日曜日の午前2時、冬時間の始まりは10月最後の日曜日の午前2時です。しかし、時間が変わったことに気づかない人や体内時計が狂ってしまう人も多く、犠牲を払ってまで時間を進めたり遅らせたりする必要があるのか疑問視されています。最近行われた世論調査では58%の人が時間を変えることに反対だそうです。昨日、セゴレーヌ・ロワイヤル環境庁長官は「夏時間制度の見直しを視野に入れ、エネルギー節約に効果があるのか調査中」と発言しました。もしかしたら、夏時間は今年が最後になるかもしれません。...

Read more

繊細ディナーの一夜 Neige d'été

Published on by Kayoko

繊細ディナーの一夜 Neige d'été

昨夜は素晴らしいレストランで繊細なディナーに舌鼓を打ちました。パリ15区の住宅地に静かに佇むお店です。白が基調の洗練された店内で働くのはすべて日本人スタッフ、シェフの西さんはル・サンク(Le Cinq)でシェフ・ド・パルティ(魚部門シェフ)として活躍なさっていましたが、去年8月にご自分の店「ネージュ・デテ」(Neige d'été)を開かれたそうです。 メニューはその日の仕入れによって変わる「シェフお任せ」コースです。前菜のポークの美味しかったこと!すべてのお料理が素晴らしかったのですが、特に3...

Read more

マレ地区のアート・フェア Drawing now 2015

Published on by Kayoko

マレ地区のアート・フェア Drawing now 2015

3月25日から29日までパリ3区のカロー・デュ・タンプル(Carreau du Temple)で開かれているアート・フェアに行ってきました。今年で9回目となるこのイベントには、フランスを中心に73軒のヨーロッパや日本の画廊が参加、広く心地よいスペースに各画廊が並び、セレクトした作品を展示しています。また、企画展コーナーもあり、今年のテーマは「Le dessin engagé」(社会派デッサン)、興味深い作品が並んでいました。 このイベント会場は嘗てのマルシェ・デュ・タンプルで、衣料品や革製品、絨毯などを売る店が集まり、20世紀中頃までは隆盛を誇っていた場所です。その後、客足が減り、一時はパーキングに建て替えられそうになりますが、この建物を惜しむ署名運動が功を奏し、1982年には歴史建造物に指定されました。そして、長い修復工事の後、鉄骨とガラス屋根のマルシェがイベント会場に蘇ったのです。それは去年2月のことでした。 Tomi...

Read more

<< < 10 20 30 31 32 33 34 35 > >>