Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

パリの新しいバス停留所 Abribus

Published on by Kayoko

パリの新しいバス停留所 Abribus

去年から始まったバス停のリニューアル工事が少しづつ進んでいます。そして、本日、我が停留所にバスのインフォメーションが表示されていたので、びっくりしました。工事が終わっても一向に機能しないなとずっと思っていたからです。バスの待ち時間が外側と内側の2カ所に表示されることになっていますが、内側の表示だけが機能していました。外側の表示も作動していたのですけど、内側の情報と全く違っていて、昼間なのに夜間用のバスが通ることになっていたのは信用できませんよね。でも何はともあれ、一部でも作動するようになったのは喜ばしい限りです。おまけに携帯機器用のチャージャー(差し込み口:USB)も設置されています。これがすべて機能すればホントに嬉しいのですけど。...

Read more

パリの日食 Eclipse solaire 、、しかし 

Published on by Kayoko

パリの日食 Eclipse solaire 、、しかし 

今日は久しぶりにパリで日食が見られるということで、絶景テラスを持っている友人宅にお邪魔し、太陽が78%隠れる予定の10時29分を待ったのですが、全く駄目でした。 第一の原因は「雲」です。天気予報がピタリとあたり、風なしの曇天でした。それに加え、今週は大気汚染がひどく、特に今日は「汚染警報」が出され、パリの街は白く霞んでいます。霧が発生していると思っている人もいますが、これは高レベルの汚染なのです。この警報が出されたのは、今年に入り3回目で、汚染は特に微粒子物質(PM10)から来ています。フランス...

Read more

ミミちゃんとタリス Mimi on Thalys

Published on by Kayoko

ミミちゃんとタリス Mimi on Thalys

先週末、ミミちゃんとタリスに乗ってブリュッセルへ行きました。変更不可の切符で乗る予定だったタリス(国際超特急)に乗り損ね、危うい旅の始まりでしたが、優しい車掌さんの計らいで、すぐ次の列車に乗ることができました。超過料金など一切なしです。その上、体重が12キロ以上あるミミちゃんは旅行用の大きなカバンがあるので、それに入って無料で乗車、快適に旅行できました。以前、ゴールデン・レトリバーを連れて、パリと南仏をTGV(フランス新幹線)で往復していた友人は、いつも子供料金を払っていたようです。SNCF(フランス国鉄)には動物の体重制限があって、6キロ以上は有料です。...

Read more

ベリー地方で赤木画伯展覧会

Published on by Kayoko

ベリー地方で赤木画伯展覧会

3月13日から31日まで日本が誇る洋画家赤木さんの展覧会が開かれています。赤木さんはパリの街を描いて60年、どうしてベリー地方で展覧会?と疑問を抱きつつ、片道278キロある「サンタマン・モンロン」という町まで行ってきました。ここは知る人ぞ知る「金細工」の町で、展覧会場は15年前に完成したピラミッド型の Cité de l'Or (黄金都市)と名付けられた場所でした。田舎に忽然と現れた超モダンなピラミッド内には、金細工に関する常設美術館があり、コンサート・ホールと企画展用の素晴らしい空間がありました。こんな田舎にこんな場所がという驚きの世界があったのです。ユネスコ世界遺産に指定されているブルジュの町の近くで、ジョルジュ・サンドのノアン館も遠くありません。ベリー地方へお出かけの際は、このサンタマン・モンロンまで足を延ばされてはいかがですか? Kojiro...

Read more

ブリュッセルの不思議な店

Published on by Kayoko

ブリュッセルの不思議な店

ブリュッセルで不思議な店を見つけました。繁華街のルイーズから少し行った場所にこの店はありました。名前は「ジョウヌ」、フランス語で黄色という意味です。日本人がやっているからこの名前?と思ったりしましたが、命名についてはまだ訊いていません。何故、不思議な店かというと、営業項目が「ヘアサロン」「指圧・整体」「占い屋」となっているからです。美容室と占いが一緒になっている店を初めて見ました。ブリュッセルに住んでいる息子が日本のマッサージに行くというので私も一緒に行ったのですが、広い店内には日本の小物や服、ピアノや人形が所狭しと置かれていて、一見すると何の店か判然としません。しかも「店」なのか「個人の居間」なのか、はたまた「バザー会場」なのかという不思議な、しかし何故か昔懐かしい雰囲気を漂よわせていたのでした。...

Read more

赤木画伯とJapan Tours Festival

Published on by Kayoko

赤木画伯とJapan Tours Festival

週末にトゥールまで出かけました。車で片道2時間半かかりますが、Japan Tours Festival で赤木さんの作品展が行われたからです。コスプレの若者たちで賑わう会場のかなりのスペースに赤木さんの作品はありました。赤木さんの素描原画と呼ぶパリの街を描いた水彩画シリーズはBD(劇画)に通じるものがあり、会場の雰囲気に不思議に溶け込んでいたのです。 それにしても、人口13万人の小都市にこれだけ日本マンガ・ファンがいたとは驚きでした。コスプレ用の店が並ぶ中で、ラーメン屋やたこ焼き屋、お弁当屋も出...

Read more

ミミちゃんは老犬

Published on by Kayoko

ミミちゃんは老犬

愛犬ミミは今、11歳半、平均寿命は12歳とも言われているので、もうそう長くは生きられないと心配しています。どうも全くしつけられていない田舎住まいの犬だったようです。絶対吠えないし、他の犬が寄ってくると、逃げ出します。自分が犬だと言う自覚がないのかもしれません。家族にはいつも寄り添って昼寝をしています。時々、テーブルの上に載ってしまうのですが、もう長くはないのではと思うと叱ることができません。 でもテーブルに食べ物が載っている時は危険です。一度、留守番をしている時にチョコレートを一箱食べたことがあ...

Read more

“かるかん”ができました

Published on by Kayoko

“かるかん”ができました

今日は朝から薄ら寒い雨降りでした。ミミちゃんを昨日シャンプーしたばかりだったので、悪天候が恨めしい。とは言え、晴天ばかりでは農業も成り立たないので仕方ないですね。ということで、久々に和菓子に挑戦です。先日購入したマフィン型で作ってみました。かるかん粉125g、砂糖150g、すり下ろした山芋105g、水120gが基本の材料です。かるかん粉がなければ上新粉を代用します。山芋に砂糖を加え、そこに水で溶いたかるかん粉を加え、よく混ぜます。サラダ油を薄く塗ったマフィン型に塩だしした桜の塩漬けを置き、半分の...

Read more

赤木曠児郎画伯の作品展

Published on by Kayoko

赤木曠児郎画伯の作品展

大好きな赤木さんは在仏52年の洋画家です。今年も赤木さんの作品展がたくさん開かれますが、パリ日本文化会館 (Maison de la culture du Japon à Paris)で今月25日まで開かれているNAC展(日本人会アーティスト合同展)にも出品なさっています。他に40人以上の日本人アーティストの作品が展示されており、日本人アーティスト健在なりをあらためて印象づけられました。 明日から3日間トゥールで行われるイベント(Japan Tours Festival)でも赤木さんの作品がたくさん展示されます。このイベントは「ジャパン・エキスポ」のようなマンガを中心とした日本文化祭ですが、赤木さんはこのイベントのメイン・ゲストなのです。マンガ・ファンの若者と赤木画伯の出会いが楽しみですね。 Japan...

Read more

今話題のマクロン法とは

Published on by Kayoko

今話題のマクロン法とは

今、議会で論争の的になっている新しい法律がこのマクロン法(la loi Macron)。 政府はこの法律を成立させる為に強硬突破する予定で、法律そのものも物議を醸してきましたが、審議の仕方自体が問題となっています。さて、この法律が通ると実生活にどのような変化が生まれるのでしょうか。 ショッピングが便利になる:一般の店の日曜営業が年間5回から12回に増えます。その市町村の許諾が得られれば12回まで開店できるという意味です。パリでは、国際観光地区(ZTI)にある店は日曜営業の制限がなくなり、零時まで営業できます。日曜出勤の給料は2倍、但し希望者のみという条件付きです。...

Read more

<< < 10 20 30 31 32 33 34 35 > >>