Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

ゼロ号患者の痕跡【第4回】La 4ème partie

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第4回】La 4ème partie

L'hôpital de Creil dans l'Oise / © AFP 《ゼロ号患者》の痕跡【第4回】 オワーズ県民はクレイユ基地が感染源かもしれないと考え始める。云く、基地は隠し事をしているのではないか?武漢から戻った機体は掃除されただけで、消毒はされなかったに違いない。武漢からの飛行機には、極秘に中国から脱出させたスパイもひとり乗っていて、彼がウイルスを持ち込んだのではないか?諜報員には一般の規則は適用されないからね。地元メディアだけでなく、全国紙も特集を組み、この件を追った。 同じ頃、オワーズ県上院議員のローランス・ロシニョールはパスツール研究所へ同県に住む某エール・フランス乗務員について報告した。「去る11月27日、この乗務員は新型コロナの症状を発症しました。北京便に乗務した後、ひどい疲れ、熱、咳、すべての症状を示しました」この乗務員は全快するまでに2ヶ月半かかり、その間、娘と息子も同じ病気にかかったそうである。中国で新型コロナが報告されたのは12月中旬のことだが、今では、その1ヶ月前の11月17日に感染者が出ていたことが判っている。彼女がゼロ号患者なのか?近いうちに彼女は抗体検査を受けることになっている。...

Read more

キリストが白衣を! Christ en blouse blanche

Published on by Kayoko

キリストが白衣を! Christ en blouse blanche

Cristo Redentor & Rio de Janeiro © Antonio Lacerda / EFE 復活祭の日曜夜に、リオデジャネイロのキリスト像が白衣を纏いライトアップされました。この像はコルコバードのキリスト像 Cristo Redentor と呼ばれ、街を見下ろす巨大な像です。1922年のブラジル独立100周年を記念して建設されました。このライトアップは、ブラジルのみならず、世界中で新型コロナウイルス危機と戦う医療従事者たちを励ます思いが込められています。 *上記のライトア...

Read more

隔離解除5月11日 Lundi 11 mai !

Published on by Kayoko

隔離解除5月11日 Lundi 11 mai !

今夜、マクロン大統領がテレビ演説を行いました。全国民が待ちに待った隔離解除日の5月11日が発表された瞬間、通りからは「おぉ!」と言う声が上がりました。これは落胆を意味する叫びだったのか、安堵のそれだったのかは分かりませんが、私には「前者」のように聞こえました。そして、演説の中で、保育園、小学校、中学校、高校が再開し、これまで休業せざるを得なかった店や企業も仕事を再開できるようになるという話になりました。3月の演説では「私たちは戦争中です」と何度も強調した戦闘的なトーンの大統領が、今日は「皆さんの...

Read more

ゼロ号患者の痕跡【第3回】la 3ème partie de l'article

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第3回】la 3ème partie de l'article

Jérôme Salomon au point de situation 【第3回】ゼロ号患者の痕跡 2月26日、リヨンでは、トリノのユベントスとオリンピック・リヨネのサッカー試合が予定通り行われた。すでにイタリアでは集団感染が発生しており、3000人に上るイタリアからのサポーター到来に危惧する向きもあったが、リヨン市や厚生相 が試合決行を支持した。この日に厚生省で行われた記者会見で厚生相は「国内で伝染病は起きていません」「隔離した病人は数人いますが、いずれもいかに感染したか説明できるケースです」と言っている。ヴァロトーのケースを彼は説明できるのだろうか?...

Read more

ゼロ号患者の痕跡【第2回】La 2ème partie de l'article

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第2回】La 2ème partie de l'article

© Olivier Fabre / Armée de l’air / Défense ゼロ号患者の痕跡【第2回】 1月31日午後、中国からの帰国者を乗せた飛行機がブーシュ・デュ・ローヌ県イストルの軍飛行場に着陸した。武漢の飛行場でかなりの待ち時間を過ごし、12時間の飛行で疲れた様子の帰国者たちが機外に出る。彼らは武漢出発前に軍医による問診を受け、あらゆる予防措置を講じられていた。その中に鼻水を流していた人と微熱がある人が発見され、彼らは機体の後尾に隔離されて帰国した。機体は、フランスの基地を出発し、イストル軍空港に到着するまで、武漢以外、どこにも寄港していないと国防省は言う。...

Read more

ゼロ号患者の痕跡 Sur les traces du patient zéro

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡 Sur les traces du patient zéro

10日付のル・モンド紙に掲載された「調査:フランスにおける《ゼロ号患者》の痕跡」と題した記事はまるで推理小説のようです。思わず引き込まれ、最後まで一気に読んでしまいました。これはフランスで最初に起こった集団感染に焦点を当てています。未だ謎となっているゼロ号患者調査には国防省の協力が不可避ですが、それを求めて、空軍基地のあるクレイユ市長が議会での調査委員会設置を要求しました。これからその要約を数回に分けて載せたいと思います。 【第1回】 1月31日、フランス空軍所有のエアバス340型機が武漢空港を飛び立った。その目的は、千百万の人口を抱える武漢に暮らすフランス人を帰国させる為である。それに先立つ1ヶ月前に中国当局が新型コロナウイルスの警戒を呼びかけ、世界保健機関は「ウイルスに対する国際的な緊急事態」であると発表したところだった。...

Read more

隔離25日目 Le 25ème jour

Published on by Kayoko

隔離25日目 Le 25ème jour

Nounours des Gobelins 隔離が始まった当初、休業してしまったお菓子屋さんやレストランが「テイク・アウト」でポツポツと復活してきました。 近所に高級パティスリー「カール・マルレッティ Carl Marletti」があり、久々に店が開いていたので、思わず飛び込みました。ケーキは通常の3分の一ほどしかありませんでしたが、シェフ自らがニッコリ笑ってケーキを渡してくれたので大喜び。いつもは背広をビシっと着込んだ店員さんに無表情に渡されるのですけどね。 もう一軒のパティスリー「カワカミ Kawakami...

Read more

やっと台地に到達? On arrive au plateau ?

Published on by Kayoko

やっと台地に到達? On arrive au plateau ?

Covid-19 en réanimation / SPF 毎日19時15分頃になると、テレビのニュース・チャンネルを開けます。隔離生活が始まって以来、仏公衆衛生局(Santé Public France)局長による記者会見を見るのが日課になってしまいました。新型肺炎Covid-19 の感染状況の説明があるからです。これまで、感染者、入院患者、死亡者などすべての数字が増え続けていました。ひたすら数字が減るのを期待してチャンネルを合わせるのですが、がっかりする日が続いていました。隔離解除にあたっては、集中治療を受けている患者数が減ることがひとつの目安なので、この数字が特に気になっているのです。...

Read more

ジョギングするなら早起きしよう! Activités sportives encadrées

Published on by Kayoko

ジョギングするなら早起きしよう! Activités sportives encadrées

© Guillaume Bontemps / Ville de paris 最近、隔離政策にもかかわらず、外出する人が増え、社会的距離の確保 distanciation sociale が難しくなっています。その為、外出時のマスク着用を義務付ける町、痰を吐くのを禁止する町、公共のベンチを一掃した町まで出てきました。パリでは、ジョギング人口がめっきり増え、家族で散歩する人たちもよく見かけます。こうして、春の訪れとともに街は活気付いてきました。 この現象に危機感を抱いたパリ市は昨日、昼間の屋外でのス...

Read more

老人ホームと新型コロナ Coronavirus en EHPAD

Published on by Kayoko

老人ホームと新型コロナ Coronavirus en EHPAD

© Maison d'accueil Saint-Julien-de-Vouvantes 4月2日から初めて老人ホームEHPADでの死亡者数が発表されるようになりました。高齢者の死亡率が高いことは新型コロナ感染拡大が始まった当初から指摘されていたことですが、政府が調査を開始したのは3月28日のことです。 一般の隔離が開始される3月17日前に、老人ホームは一足先に面会自粛となり、1週間前からはホーム内の個室で住人たちは隔離状態となっていました。ホームで感染の疑いが出た場合、最初のふたりを検査し、陽性だった場合はホーム全体で感染していると見なされ、他の住人の検査は行われませんでした。全員がホームで隔離され、入院することもありませんでした。こうして、ホームでの死亡者数が激増していきました。...

Read more

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 20 30 > >>