Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

life

文明開化の子供たち Les enfants de l'ère Meiji

Published on by Kayoko

文明開化の子供たち Les enfants de l'ère Meiji

3月30日〜5月21日まで「Les enfants de l'ère Meiji 文明開化の子供たち」と題した展覧会がパリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)で開かれます。版画を中心とする約140点の貴重な作品や資料が並びました。近代化が進む19世紀後半の日本の風俗が子供たちと共に生き生きと描かれている版画の数々。教育の為に作られた万国旗や植物・動物の絵など珍しい版画も展示されています。また、フランス人画家ビゴーGeorges Fredinand...

Read more

緑の手! La Main Verte

Published on by Kayoko

緑の手! La Main Verte

フランス銀行(3月13日公表)によると、今年の物価上昇率は3,7〜4,4%となる見込みです。ウクライナ戦争が始まる前からエネルギー価格問題に直面していたフランスは、今回の戦争でこれが決定的となりました。原発先進国のフランスは、55%の天然ガスをロシアに頼っているドイツほどではありませんが、石油やガス開発をロシアで展開している企業トータル・エネルギーの進退に悩んでいます。ロシアへの経済制裁では天然ガスと石油の輸入を止めるのが最も効果的と言われていますが、この部分は未だに手が付けられていません。つい最近まで、ロシアに大きく依存しているエネルギー問題を誰も真剣に考えていなかったとは俄かに信じがたいことです。...

Read more

ストリート・アートとウクライナ Artistes soutiennent l'Ukraine

Published on by Kayoko

ストリート・アートとウクライナ Artistes soutiennent l'Ukraine

rue Buot, 75013 ウクライナ戦争が始まって以来、街角で見かけるタッグ(tag いたずら書き)には黄色と青色が目立つようになりました。近所の薬局の仮テントも黄色と青色です。ウクライナ国旗に使われるこの2色はウクライナ支援の象徴なのです。パリ13区のビュット・オー・カイユ(Butte aux Cailles)地区の細道には以前からタッグ、いつの頃からかストリート・アートと呼ばれるようになった作品が多く見られます。今月初めに登場したセトの絵は可愛い少女がウクライナ国旗を持って戦車を踏み潰しながら歩いています。...

Read more

ベストセラー本「墓掘り人」 Les Fossoyeurs

Published on by Kayoko

ベストセラー本「墓掘り人」 Les Fossoyeurs

Les fossoyeurs de Victor Castanet (Ed.Fayard) ル・モンド紙が1月26日発売のノンフィクション「Les Fossoyeurs 墓掘り人」に関する記事を載せたのは24日の事。以来、テレビや新聞はこの本が取り上げた「老人ホーム」の件で持ちきりです。コロナ禍や大統領選挙も霞むほどの社会現象になっています。筆者である若いジャーナリストは3年間の緻密な調査を通じて、250人以上の証言とそれを裏付ける証拠を集め、出版社の法律家やベテラン・ジャーナリストの編集協力を得て、出版に至りました。パリ郊外高級住宅地ニュイ・シュル・セーヌにある一見すると高級ホテルと見紛うような老人ホームの実情が書かれていて、入居者の惨めな生活が赤裸々に語られています。これまでも老人ホームの人手不足などによる不十分な介護が指摘されていましたが、具体的で虐待とも言える様子を描いたこの本は多くの人に衝撃を与えました。...

Read more

赤木 曠児郎回顧展 Akagi à la MCJP

Published on by Kayoko

赤木 曠児郎回顧展 Akagi à la MCJP

2月1日からパリ日本文化会館で赤木曠児郎(Kojiro Akagi)回顧展が始まりました。去年2月の帰国中に亡くなられた赤木さんは享年87歳、1963年の渡仏以来、パリの街を描き続けた日本人画家です。暴風雨の日以外は、寒くても暑くても毎日街に出て、描いた素描原画は600点以上に上ります。まず、硬い鉛筆で下絵を描き、次に墨で細部に至るまで克明に輪郭を描きます。この間、双眼鏡で壁のシミや割れ目などを見つけ、書き加えます。ここまでで既に2週間は経過します。そして、この作業が終わると水彩で色を付けていくのです。1枚の素描原画を仕上げるのに3週間はかかると言います。もちろん、素描原画だけが赤木さんの作品ではありません。こうして出来た水彩画を元に油絵を描くのです。自宅兼アトリエで制作する油絵はいつの間にか赤い輪郭を持つ独特の絵に変わっていきました。...

Read more

気温が下がると大気汚染が上がるパリ Attention à la pollution

Published on by Kayoko

気温が下がると大気汚染が上がるパリ Attention à la pollution

今日のイール・ド・フランス。パリはPM2,5濃度が濃い赤(悪いの意)。 数日前から気温がめっきり下がり、晩秋らしくなりました。青空が広がり、寒くて無風の日は大気汚染の数値が上がります。つまり、数日前から粒子状物質 PM2.5の数値が高くなっているのです。昨日から、ニュースでは「なるべく車を使わないように」「仕事はリモートで」「野外活動や運動を控えましょう」と言っていますが、コロナ下のパリでは公害にまで気を配る人は殆どいないのが現状です。車の交通量はちっとも減っていません。PM2.5 が増える原因の一つに暖炉などの「暖房」があります。パリ市内では暖炉使用は禁止ですが、気温が下がると暖炉で薪を燃やす人も増えるのです。冬の暖炉の火は暖かく良いものですが、空気を汚してくれるので、現代生活には合いません。...

Read more

ノートル・ダム広場の子供達の絵 Dessine-moi Notre Dame

Published on by Kayoko

ノートル・ダム広場の子供達の絵 Dessine-moi Notre Dame

昨日、ノートル・ダムの近くを通ったら、広場に愛らしい絵がたくさん並んでいました。展示は題して「私にノートル・ダムの絵を描いて Dessine-moi Notre Dame」。このタイトルを見て、サン・テグジュペリの星の王子さまの一節を思い出しました。「星の王子さま」の第2章に「僕にヒツジの絵を描いて Dessine-moi un mouton」と王子さまが僕に頼む場面があります。王子さまはヒツジを見たことがないのでこう頼むのです パリ大司教は勿論ノートル・ダムをよく知っているに違いありません。で...

Read more

アートの秋 Automne de l'art !

Published on by Kayoko

アートの秋 Automne de l'art !

去年は新型コロナの影響で、殆どのイベントが中止になり、寂しい秋になりましたが、今年は大きな展覧会が目白押しです。 ケー・ブランリ(Musée du Quai Branly)では、今日からベナン重要文化財特別展 (Benin / restitution des 26 œuvres des trésors royaux d'Abomey) が始まりました。植民地時代にベナンからフランスに運んだ彫刻やオブジェを返還することになり、その前に6日間だけ一般公開されるのです。 ルイ・ヴィトン財団 (Fondation...

Read more

白妙が満開!Le cerisier du jardin des Plantes

Published on by Kayoko

白妙が満開!Le cerisier du jardin des Plantes

散歩で通る度に眺めていた植物公園(Jardin des Plantes)の桜の木。この公園で最も人気の木がこのサトザクラ群「シロタエ(白妙)」です。5つ以上の蕾が開いたのが3月20日のこと。日を追うごとに暖かくなり、おまけに今日からサマー・タイム。サクラが満開になるわけですね。 この桜が植えられたのは1960年頃ですから、老木ではありませんが、枝を長く横に伸ばし、白い八重の花を溢れるように付けた姿は見応えがあります。 この近くにもう1本、大きな桜の木があります。こちらは同じサトザクラ群の「カンザン(関山)」で、まだ蕾が少し膨らんできたところです。カンザンはピンク色の八重桜、パリで最も多く見かけるような気がしますが、派手で目立つ所為かもしれません。1週間後が楽しみですね。...

Read more

シーダーローズの季節 Récolte des roses de cèdre

Published on by Kayoko

シーダーローズの季節 Récolte des roses de cèdre

roses de cèdres シーダーローズをご存知ですか?これはヒマラヤスギやレバノンスギの松ぼっくりの一部です。コロナの所為でレストランやカフェ、映画館、美術館など、私の外出先が軒並み閉鎖となり、いつの間にか、生活がすっかり変わってしまいました。そして日課となったのが、パリの中をひたすら歩くことです。身近に自然がこんなにもあるとは知りませんでした。銀杏拾いもその一つですが、クリスマスのデコレーションにと松ぼっくりを探し始めたら、至る所に転がっているではありませんか。あっと言う間に室内は松ぼっくりだらけとなり、その中にはお花のような松ぼっくりもありました。...

Read more

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>