Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

life

自転車を買おう Vélos à Paris !

Published on by Kayoko

自転車を買おう Vélos à Paris !

© Guillaume Bontemps / Ville de Paris パリには、各地区にレンタル自転車があり、手軽に使えるので便利ですが、坂道を登るには体力が必要です。隔離解除日が近づくにつれ、今後の移動手段をどうするか考えている人は多いのではないでしょうか。まだウイルスが終息していないパリの公共交通機関を利用するのは制約が多そうだし、かと言って、各自が自家用車での移動を始めたら、瞬く間に交通渋滞で大気汚染のパリに逆戻りです。 それを恐れて、パリ市は新しい自動車道をのべ50km作りました。一部の幹線道路は自転車と歩行者優先にして自動車を締め出しました。...

Read more

日本パラドックス La situation paradoxale du Japon

Published on by Kayoko

日本パラドックス La situation paradoxale du Japon

Dans un parc de Tokyo en Golden Week © Behrouz Mehri / AFP 「模範的な国、それともパニクる国? Pays modèle ou pays qui panique 」という文章で始まる昨日のルモンド紙の記事が面白かったので、要約をしてみました。題して「コロナウイルス:日本のパラドックスな状況を理解する7つの疑問」。 感染者数は15,000人と低く、死亡者は500人強。感染拡大はゆっくりで、隔離はあくまで自主性に任せている。一方で、緊急事態宣言延長が見込まれ、メディアは医療現場崩壊が起こりそうだと危機感を訴える。しかし、...

Read more

月の地質地図 Carte géologique de la lune

Published on by Kayoko

月の地質地図 Carte géologique de la lune

la carte géologique de la lune / USGS また、きれいな地図を見つけました。4月20日にUSGSのサイトに掲載された月の地層の地図です。あまりの美しさに思わず見とれてしまいました。USGSはアメリカ国務省に属する科学技術機関のひとつです。この機関がNASAとLunar Planetary Instituteとのコラボでこの地図を作成しました。アポロ計画でデータされた6つの地域の地図にふたつの月周回衛星、Lunar Reconnaissance Orbiter (NASA)と...

Read more

パブロ・レゾンのパリ地図 La carte de Paris par Pablo Raison

Published on by Kayoko

パブロ・レゾンのパリ地図 La carte de Paris par Pablo Raison

La carte de Paris réalisée par l'illustrateur Pablo Raison (France 3 Paris Ile de France) 昔の手描き地図は味があるものですが、現代にパリの手描き地図を作成したイラストレーターがいます。彼の名前はパブロ・レゾン、19歳の映像学校(Ecole Européenne Supérieure de l'image)の2年生です。学校はフランス南西部アングレームにありますが、隔離生活に入る直前にノルマンディーの両親宅に...

Read more

小麦粉をゲット! La farine est à nouveau au rayon

Published on by Kayoko

小麦粉をゲット! La farine est à nouveau au rayon

しばらく前から探していた小麦粉がやっと手に入りました。買い物に行く度に「小麦粉ありますか?」が口癖になっていましたが、今日早朝に買い物に出かけた隣人が買ってきてくれました。嬉しい!隔離が始まった3月17日にいきなり小麦粉の需要が増え、第1週の売り上げは229%上昇したそうです。その後も現在に至るまで150%増を維持しているとのこと。私を始め、お菓子やパンを家で作る人がめっきり増えたのですね。フランスはヨーロッパで一番の小麦生産国、量が足りなくなるはずはないのですが、商品となって店の棚に並ぶ前には多くの人の手を経ています。製粉会社は需要に合わせて増産していますが、紙袋生産の半分はドイツに頼っている為、フランスへの供給が遅れています。その結果、パッケージングが間に合わないのです。おまけに人手不足がそれに拍車をかけています。...

Read more

何は無くとも石鹸 Les savons qui font la peau au virus

Published on by Kayoko

何は無くとも石鹸 Les savons qui font la peau au virus

昨日の記者会見で印象的だったのは、首相が強調した「ウイルスと共存する Vivre avec le virus」という言葉です。5月11日の隔離解除に向けて、この事を肝に命じなければならないと繰り返しました。集中治療室の患者数が7148人と最も多かった4月8日をピークに11日間連続で患者数が減少していますが、現時点で未だ5683人、従来のベッド数5000 床をはるかに超えています。また、ウイルス感染が鎮まるには人口の60%以上が感染した状態と言われていますが、今のところ10%程度しか感染していないそうです。その為、予定では解除まで後3週間、ワクチンも治療薬もない現状では、ウイルスと共存するしかないわけです。...

Read more

レディ・ガガの慈善コンサート  One World : Together at home

Published on by Kayoko

レディ・ガガの慈善コンサート  One World : Together at home

Lady gaga with World Health Organisation & Global Citizen レディ・ガガが医療従事者支援を呼びかけ、世界保健機関 WHO とグローバル・シチズンGlobal Citizen の協賛で、ヴァーチャル・コンサート「One World : Together at home」が実現します。来る4月18日(ロサンジェルス時間で17時)に世界的有名な歌手やスターがネット経由で共演します。 時差の為、フランスでは4月19日午前2時からの2時間で、フランス2局...

Read more

ゼロ号患者の痕跡【第4回】La 4ème partie

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第4回】La 4ème partie

L'hôpital de Creil dans l'Oise / © AFP 《ゼロ号患者》の痕跡【第4回】 オワーズ県民はクレイユ基地が感染源かもしれないと考え始める。云く、基地は隠し事をしているのではないか?武漢から戻った機体は掃除されただけで、消毒はされなかったに違いない。武漢からの飛行機には、極秘に中国から脱出させたスパイもひとり乗っていて、彼がウイルスを持ち込んだのではないか?諜報員には一般の規則は適用されないからね。地元メディアだけでなく、全国紙も特集を組み、この件を追った。 同じ頃、オワーズ県上院議員のローランス・ロシニョールはパスツール研究所へ同県に住む某エール・フランス乗務員について報告した。「去る11月27日、この乗務員は新型コロナの症状を発症しました。北京便に乗務した後、ひどい疲れ、熱、咳、すべての症状を示しました」この乗務員は全快するまでに2ヶ月半かかり、その間、娘と息子も同じ病気にかかったそうである。中国で新型コロナが報告されたのは12月中旬のことだが、今では、その1ヶ月前の11月17日に感染者が出ていたことが判っている。彼女がゼロ号患者なのか?近いうちに彼女は抗体検査を受けることになっている。...

Read more

ゼロ号患者の痕跡【第3回】la 3ème partie de l'article

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第3回】la 3ème partie de l'article

Jérôme Salomon au point de situation 【第3回】ゼロ号患者の痕跡 2月26日、リヨンでは、トリノのユベントスとオリンピック・リヨネのサッカー試合が予定通り行われた。すでにイタリアでは集団感染が発生しており、3000人に上るイタリアからのサポーター到来に危惧する向きもあったが、リヨン市や厚生相 が試合決行を支持した。この日に厚生省で行われた記者会見で厚生相は「国内で伝染病は起きていません」「隔離した病人は数人いますが、いずれもいかに感染したか説明できるケースです」と言っている。ヴァロトーのケースを彼は説明できるのだろうか?...

Read more

ゼロ号患者の痕跡【第2回】La 2ème partie de l'article

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡【第2回】La 2ème partie de l'article

© Olivier Fabre / Armée de l’air / Défense ゼロ号患者の痕跡【第2回】 1月31日午後、中国からの帰国者を乗せた飛行機がブーシュ・デュ・ローヌ県イストルの軍飛行場に着陸した。武漢の飛行場でかなりの待ち時間を過ごし、12時間の飛行で疲れた様子の帰国者たちが機外に出る。彼らは武漢出発前に軍医による問診を受け、あらゆる予防措置を講じられていた。その中に鼻水を流していた人と微熱がある人が発見され、彼らは機体の後尾に隔離されて帰国した。機体は、フランスの基地を出発し、イストル軍空港に到着するまで、武漢以外、どこにも寄港していないと国防省は言う。...

Read more

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>