Overblog
Follow this blog Administration + Create my blog

life

ゼロ号患者の痕跡 Sur les traces du patient zéro

Published on by Kayoko

ゼロ号患者の痕跡 Sur les traces du patient zéro

10日付のル・モンド紙に掲載された「調査:フランスにおける《ゼロ号患者》の痕跡」と題した記事はまるで推理小説のようです。思わず引き込まれ、最後まで一気に読んでしまいました。これはフランスで最初に起こった集団感染に焦点を当てています。未だ謎となっているゼロ号患者調査には国防省の協力が不可避ですが、それを求めて、空軍基地のあるクレイユ市長が議会での調査委員会設置を要求しました。これからその要約を数回に分けて載せたいと思います。 【第1回】 1月31日、フランス空軍所有のエアバス340型機が武漢空港を飛び立った。その目的は、千百万の人口を抱える武漢に暮らすフランス人を帰国させる為である。それに先立つ1ヶ月前に中国当局が新型コロナウイルスの警戒を呼びかけ、世界保健機関は「ウイルスに対する国際的な緊急事態」であると発表したところだった。...

Read more

隔離25日目 Le 25ème jour

Published on by Kayoko

隔離25日目 Le 25ème jour

Nounours des Gobelins 隔離が始まった当初、休業してしまったお菓子屋さんやレストランが「テイク・アウト」でポツポツと復活してきました。 近所に高級パティスリー「カール・マルレッティ Carl Marletti」があり、久々に店が開いていたので、思わず飛び込みました。ケーキは通常の3分の一ほどしかありませんでしたが、シェフ自らがニッコリ笑ってケーキを渡してくれたので大喜び。いつもは背広をビシっと着込んだ店員さんに無表情に渡されるのですけどね。 もう一軒のパティスリー「カワカミ Kawakami...

Read more

歯医者さんも閉まった! Le cabinet dentaire fermé

Published on by Kayoko

歯医者さんも閉まった! Le cabinet dentaire fermé

© Henri Garat / Ville de Paris 歯のトラブルは時を問いません。隔離時にも起きます。数日前、僅かの楽しみの一つである食事中にそれは起きました。あら、何か硬いものが、、、と思ったら、それは金属の塊でした。そうです、奥歯を覆っていたインレーが取れた瞬間でした。翌日、いつもの歯医者さんに電話したら、留守電が回っていて、メールを送るように言っています。仕方なく、症状を書いてメールしたら、その日のうちに返事が来ました。曰く、歯科緊急コールセンターがあるので、その番号(全国共通:09...

Read more

マスク不足解決はいつ? Le do-it-yourself s'impose

Published on by Kayoko

マスク不足解決はいつ? Le do-it-yourself s'impose

フランスでは、医療現場でのマスク不足が未だ解決されません。やっと中国で生産されたマスクが入荷されるようになってきましたが、一般市民の手に届くのはまだ先の話。元々、マスク文化のないフランスでは「病気でない人はマスクをするとかえって感染する可能性が高まる」という言葉を聞かされていました。しかし、近頃はマスクに対する認識が変わり、医療関係者以外でもマスクをする人が増えてきました。 とは言え、マスクを手に入れるのは至難の技。それで皆工夫をして様々なマスクをしています。最も簡単なのは、襟巻きで顔の半分まで覆うこと。工事用の粉塵防止マスクもよく見かけます。FFP2(日本ではN95と呼ばれるタイプ)やサージカル・マスクも見かけますが、恐らくこれらは期限切れだろうと推察されます。映画で見るような防毒マスクをして買い物をしている人を見た時はびっくりしました。...

Read more

隔離15日目 Le 15ème jour de confinement

Published on by Kayoko

隔離15日目 Le 15ème jour de confinement

International Opera Choir 今日で隔離生活15日、最初の2週間が過ぎました。生身の人間に会えない生活に果たして耐えられるものか?と心配しましたが、インターネット発達のおかげでスマホ画面を介してお茶を飲みながら友人と会話したりして、それなりに楽しく暮らしています。孫の世話ができなくなったのは嬉しいようで寂しくもあり、複雑な心境ですが。その為、自然とネットにアクセスする時間が増えました。先日、デジタル担当大臣がインタヴューで「ポルノ・サイトへのアクセスが50%増えましたね」と答えていたのには笑いました。...

Read more

パリの空気がきれいになった!Baisse de la pollution !

Published on by Kayoko

パリの空気がきれいになった!Baisse de la pollution !

Avenue des Gobelins à 16h du 25 mars 中国で既に観察されていたことですが、17日からの隔離政策による思わぬ僥倖が大気汚染低下です。パリは晴天で気温が低いと汚染度が上がり、この時期は特に注意が必要ですが、そんな心配がなくなりました。澄んだ青空の元、きれいな空気を吸い込めます。パリ大気汚染監視サイトサイトによると、本日は総合で汚染度が5段階のうちの第2段階「低い faible」です。劇的に減少した二酸化炭素 CO2は車や航空機が原因と見られている為、交通量が減ったことが大きく影響しています。現に、主要道路沿道で測った数値は通常の90%も低くなっていますが、これは公園内で測った数値に当たるそうです。...

Read more

手の消毒用ジェル Gel hydroalcoolique

Published on by Kayoko

手の消毒用ジェル  Gel hydroalcoolique

市販の消毒用ジェルが買えなくなって久しいですが、ウイルスの感染拡大は止まりません。そこで、手に入る材料でホームメイド消毒ジェルを作ってみました。作り方はWHO(世界保健機構)が掲載したガイドを参考にしました。これはエタノール96%を基本として作りますが、これも今では手に入らない為、比較的簡単に見つかる70度のアルコールを使いました。2週間前までは薬局で90度のアルコールが普通に買えたのですが。 このアルコール200mlに過酸化水素10mlとグリセリン3,5mlを加えて、軽く混ぜます。それを清潔な容器に入れます。これを入り口に置いておけば、一安心。外から帰った時にドアノブや鍵、携帯電話を消毒し、手をていねいに石鹸で洗います。テレビのニュースでは、商品のパッケージもすべて消毒し、すぐに処分したほうが良いと言っていますが、そこまでは難しいですね。...

Read more

パン屋:セドリック・グロレ Cédric Grolet

Published on by Kayoko

パン屋:セドリック・グロレ Cédric Grolet

2ヶ月前に開店したセドリック・グロレ( Cédric Grolet Opéra )の店はパリで最も高いパン屋さんかもしれません。クロワッサンが3ユーロ、パン・オ・ショコラは5ユーロもします。もうこれはパンの値段ではありません。ズバリお菓子の値段です。それもそのはず、グロレはホテル・ムーリス(Hôtel Meurice)のシェフ・パティシエ、2017年度の世界菓子職人コンクールで最優秀に選ばれたパティシエなのです。約2年前にホテル内にできたお菓子店は敷居が高く、時間と予算がたっぷりある人御用達と言えなくもありません。...

Read more

パリのナイーヴ・アート展  du Douanier Rousseau à Séraphine

Published on by Kayoko

パリのナイーヴ・アート展  du Douanier Rousseau à Séraphine

今、パリ7区にあるマイヨール美術館で開かれているのは「アンリ・ルソーからセラフィーヌまで」と題したナイーヴ・アートを集めた展覧会です。素朴派とも呼ばれるナイーヴ・アートではルソーが世界的に有名ですが、彼の作品はもちろんの事、同じ時代に活躍した様々なナイーヴ・アート作品が一堂に会しています。特に、セラフィーヌ・ルイ(S éraphine Louis)の植物や果実を描いた作品は必見です。 " Pommes aux feuilles" de Séraphine Louis 彼女は1864年生まれ、幼い時に両親を亡くし、貧しい生活の中で、ある日守護天使の声を聞き、絵を書き始めました。当時の美術コレクターであったヴィルヘルム・ウーデ(...

Read more

パリ5区のケーキ屋さん Fraisier japonais !

Published on by Kayoko

パリ5区のケーキ屋さん Fraisier japonais !

日本人にとってケーキの定番は何と言っても「ショートケーキ」。フランスではイチゴのケーキを意味する「フレジエ fraisier」が一般的で、こちらはクレーム・ムスリーヌを使うので、ズシッと濃厚。これも捨て難く、私が大好きなケーキのひとつですが、たまには日本のショートケーキが食べたくなります。そんな時にピッタリのお店が誕生しました。 数ヶ月前にカルチェ・ラタンにできた「カワカミ」です。そのオーナー・シェフは大阪出身の美人の知子さん。辻調理学校でしっかりと基礎を学んだ後、日本とフランスの有名店で働き、自分の店を開くに至ったそうです。明るく爽やかな空間にシンプルなテーブルが並び、店の奥にはソファーも置かれていて、ケーキやクッキーを摘みつつ、ついつい長居。フランス人なら誰でも好きな「タルト・タタン...

Read more

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>